求められるのは人間力。開発本部2007年中途入社

INTERVIEW

開発本部2007年中途入社 社員

弥生への転職を決めたワケ

作ったモノの見えやすさに惹かれて

弥生に入る前の約10年間、SEとして受託開発の仕事に携わり、導入から運用保守に至るすべてを担当していました。その私が、弥生への転職を決めた最大の理由は、自分の作ったプロダクトが店頭に並ぶ喜びを味わいたかったからです。例えば、店頭で弥生のパッケージを見せながら、自分の知人や子供に、「これを作っているんだよ」と言う。それは、受託開発の仕事を続ける限り、決して出来ないことですし、味わえない喜びなんです。

伝えたい弥生の魅力

良い意味での自由な空気

弥生では、エンジニアの働くファシリティ環境が充実していて、作業机も広く備品も揃っています。なので不要なことに気を取られることなく、業務に集中できます。しかも、社内は自由闊達な雰囲気で、無軌道な自由ではなく良い意味での自由があります。明確なルールの下で、エンジニア各自が「やりたことがやれる」環境が整っているということです。

仕事をするにおいて大切なことを3つのこと

弥生のエンジニアに大切なこと

問われるのは人間力

弥生のエンジニアに求められる資質を一口に言えば、「人間力」です。エンジニアは、とかく自分の世界に籠もりがちで、チームで働いているにも関わらず、誰とも会話をしないような方が結構います。しかし、チームの仕事は一人で完結するものでは決してありません。だからこそ、コミュニケーションや報告が大事で、自分勝手な価値判断の下で、人から与えられた仕事をこなすだけではダメなんです。理想を言えば、指示者の要求を咀嚼し、要求以上の行動が取れるようになることが大切です。また、せっかくスキルを蓄積しても、発信しなければ誰もその人の価値が分からず、当人の不満が募るだけで終わってしまうのです。人間力は勉強次第でどうにかなる資質ではなく、本人の意志がなければ身に付けることはできません。かく言う私も、かつては自分の世界に没頭してしまうタイプでした。しかし、弥生で働くうちに、自分で蓄えた知識を周囲に発信していくことの大切さに気づき、コミュニケーションを最も重視するようになっていったのです。仕事を自分の中で閉じないこと。それが大切です。

エンジニアとして働く醍醐味

確立された品質改善プロセス

私が統括している品質保証の組織は、各開発プロジェクトが問題なく回るよう、さまざまな支援を提供し、「弥生品質」を確保するチームです。ソフトウェア開発会社やシステム・インテグレーターの中には、品質管理・保証のプロセスを軽視する向きが少なくありません。ですが、品質を重視する弥生では、設計・開発にテストのプロセスがしっかりと組み込まれています。要するに上流の段階から、テストや品質のことを考慮した設計がなされているということです。ですから品質保証にかかわる私もチームもやりがいを感じて、業務を遂行できています。このように品質保証のプロセスがきちんと整備され標準化されていると、プロセスの日々の改善にもつながっていきます。実のところ、トラブルの因子を最上流の段階で取り除くという意識は、徐々に育まれてきたものです。その点では、我々も現状に満足しているわけではなく、さらなる高みを目指しています。弥生のプロダクトは、会計・財務といった企業の基幹業務を担う、一切のミスやトラブルが許されない製品です。しかも、極めて多くのお客様のご活用いただいています。その品質の確保・向上に貢献できている自負は強くありますし、それがさまざまな困難に挑む活力にもなっています。

YAYOI 2WAY

これからの夢と展望

弥生にかかわるすべての人に幸せを

夢は、弥生にかかわるすべての人に幸せになってもらうこと。現状では、お客様の幸せを徹底的に追求すると、弥生の中の誰かが苦労を強いられる可能性があります。ですから、お客様を幸せにする、より優れた高品質のプロダクトを、より効率的に、楽しく簡単に作れるようにしなければなりません。それを実現することが、今の私の大目標です。そして最終的には、自分が最も幸せになれればいいな、と願っています(笑)。