挑む醍醐味を常に味わう。開発本部2009年中途入社

社員インタビュー

開発本部2009年中途入社 社員

弥生への転職を決めたワケ

一大チャレンジへの参画

私が、弥生への転職を決めた理由は1つです。それは、「弥生」という実績も知名度も高いソフトウェアの(2009年の)大きなチャレンジ――「クラウド化」に当事者として関わりたかったからです。私はそれまで、Webサービスの受託開発を中心にキャリアを積んでいました。ご存じのとおり、受託開発の仕事は、あらかじめ決められた要件を淡々と満たしていくことに終始します。ところが、弥生のプロジェクトでは、自らサービスを設計しディレクションができます。「その醍醐味を味わってみたい」――。そう考え、弥生への転職を決めたのです。

伝えたい弥生の魅力

全社が挑戦を後押しする

弥生のクラウド化で最も苦労したのは、お客様に受け入れられるオンライン・サービスの仕組みをどう作り、立ち上げ、運用するかでした。何しろすべてが手探り状態でのスタートです。とはいえ、開発の最上流に携わる機会が少なかった私にとって、ビジネス・サイドとコンセンサスを取りながら、一から作り上げていくのは本当にエキサイティングで楽しい挑戦でした。加えて、弥生は部署間の風通しが良く、皆がチャレンジを後押ししてくれます。上司との距離も近く、開発者の私と社長が直接対話しながら、プロダクトの仕様を詰めることも珍しくなかったほどです。また部署間の意思疎通も、大抵の会社では形式的になりがちですが、弥生の場合、言いたいことを言い合えます。これは、すべての部署が、製品・サービスに妥協をしていないためでしょう。さらに、弥生では、お客様のフィードバックをダイレクトに受け取ることができ、これもエンジニアのやる気を喚起する原動力と言えるかもしれません。

仕事をするにおいて大切なことを3つのこと

弥生のエンジニアに大切なこと

意思疎通と信頼で物事が回る

「ITエンジニアはコミュニケーション能力に欠けている」とよく言われますが、弥生ではそれは許されません。弥生のエンジニアは、製品・サービスのサポートまでを含めて見ていかなければならず、関係部署間での意思疎通・コンセンサスを取らなければ、何事も回っていかないからです。
また、コミュニケーションを取る相手と意思疎通を図るうえでは、信頼関係を築いておくことも大切で、そのためには相手の主張を理解し、真摯に受け答えをすること、そして、納期など、自分の言ったことに責任を持つことが必須です。弥生の場合、何らかのプロジェクトが走ると、すべての部署の主要な人材がアサインされ、全社一丸となって取り組もうとする一体感があります。ですから、コミュニケーション能力・折衝力を身に付ける機会は多くありますし、そうした能力が自ずと身に付く可能性も高いのです。

エンジニアとして働く醍醐味

常に刺激のある開発組織

一方で、自分の技術スキルが弥生で通用するか否かで悩む方もおられるでしょう。ですが、私の属す開発本部には研修制度があり、基本はそこで習得できます。加えて、社内のエンジニアは総じて新しいことが大好きです。入社したエンジニアは、周囲から多くの刺激を受け、自ずと新技術に精通するようになっていきます。弥生の開発は、内部的には常にチャレンジを続けています。ツールにせよ、開発手法・開発プロセスにせよ、常に新しいものを取り入れていますし、私自身も新技術・新プロセスの活用で開発の効率化や無理・無駄の削減に取り組んでいます。もちろん、単に新しいモノを取り入れても、ビジネス上の効果がなければ無意味です。ですから、新技術がビジネス上のどんなメリット/効果につながるかを意識することも大切です。

開発本部2009年中途入社 社員

これからの夢と展望

目指すはビジネスと技術を架橋するスペシャリスト

私の願いは、新しい何かにチャレンジし続けることです。
現在、YAYOI SMART CONNECT(※1)のプロジェクトに携わっており、当面の目標は、この技術の適用範囲を押し広げることです。ただし今後は、YAYOI SMART CONNECTの取り組みや、先に触れたクラウドのプロジェクトを通じて培ってきた開発・ビジネス双方のスキル/ノウハウを活かし、ビジネス・サイドと開発サイドの要求・要望とのギャップを埋めながら、プロジェクトをあるべき方向へと導き、さまざまな事業をトライブしていきたいと考えています。

※1:YAYOI SMART CONNECTは、銀行に対する入金/引き落としなどのデータを自動的にアグリゲートし、弥生に取り込む中間的な仕組み。これにより、弥生のソフトウェアと外部サービスとの連携の仕組みが確立されたが、今後は、会計データにかかわらず、多様な事業データのバスとして進化させることが可能。