はじめての青色申告体験記

第3回取引入力編

仕事とプライベート=経費とそうでないもの

実際は、かなーり個人的な相談にも乗っていただいた。吉田先生、すみません!

そうか。初回の打ち合わせで吉田先生が仕事用の口座とプライベート用の口座をしっかり分けた方がいいといったのは、こういうことだったのか。

つまり、ギャラが入る口座を仕事用にして、経費は基本的に全部クレジットカードで購入するようにして、そこから引き落とされるようにする。また、そこから毎月いくらか自分の給料として引き出して、プライベート用の口座に移す。そうすれば、ごちゃごちゃにならない。あぁやっと今、本当の意味がわかった…。

穴澤
あと、吉田先生。やっぱり気になるのが、これは経費にしていいのかどうかと悩む場合なんですが、どうしたらいいんでしょう。

吉田先生

実際は人それぞれなので難しいんですよね。飲み代だって仕事関係の打ち合わせとして必要であれば立派な経費だし、パソコンで仕事をしているのだったら、プロバイダ代だって経費です。だから本当は、仕事とまったく関係のない領収書はその場で破り捨てて、自分で経費だと思うのは忘れないように領収書の裏にメモしておくのが一番いいんですよ。いつ誰と飲んだとか、仕事用に何を買ったとか。そうすると後で悩まなくて済みます。今日で、ずいぶん入力作業についてはわかったでしょう。困ったことがあったら、またいつでもどうぞ。

穴澤
ありがとうございました!何から何まで本当にありがとうございました…。

さて、次回までに今回学んだ入力作業をすべて終えなくては。
今回の指導でずいぶんスピードアップができそうな気がする。気がするだけかもしれないが…。
その辺のご報告はまた次回。

今回勉強したこと
    パンドラの箱(領収書)の取り扱い方法
  • 領収書は費目別で分類すべし
  • さらに同じお店で購入したものはお店ごとにまとめておくと入力の際に便利
    簡単取引入力
  • 初心者でもひとまず入力できる
  • 操作に慣れていない人に、単純入力をお願いするにはいいかも
    現金出納帳
  • 慣れると、経費入力はこれを使うほうがラク(コピペできるのも便利)
  • 常に発生する取引が必ずあるので、辞書機能を使えばもっと便利
    預金出納帳
  • 通帳の内容をそのまま記載するべし
  • 現金引出の入力をすると、現金出納帳の現金も勝手に増えて便利
  • 経費の支払いは現金払いじゃなく、できるだけ銀行引き落としにしたほうがラク
 |  | 

はじめての青色申告体験記

  1. 第一回 準備編
  2. 第二回 インストール編
  3. 第三回 取引入力編
  4. 第四回 決算編
  5. 最終回 提出編