• トップ
  • 導入事例
  • 会計データを適切に抽出でき、財務分析がスムーズになりました

導入事例

  • 弥生会計

会計データを適切に抽出でき、財務分析がスムーズになりました

株式会社スペースマーケット(東京都新宿区)

NTT東日本を経て、ウェブ系写真サービス会社に参画。新規事業で立ち上げたウェディング事業での結婚式写真ネット購入サービスは、全国で年間約3万組の披露宴で導入されるに至り、2013年には東証マザーズへの上場を経験した。当該事業を進めるなか、重松氏は平日における結婚式場の利用率の低さに着目。そこからシェアリングスペースのアイデアに至り、2014年1月に株式会社スペースマーケットを設立。シェアリングエコノミーへの機運高まる時期に的確にサービスを投下。現在に至るまで勢いある事業を展開してきた。

「スペースマーケット」とは?

ユニークなスペースを簡単に貸し借り出来るマーケットプレイスを展開する『スペースマーケット』。
同サービスを利用することで、ユニークな遊休スペースを保有している法人は、本来目的で利用していない空き時間帯にスペースを貸し出し収益化することが出来、またユーザーは今まで探しにくかった様々な種類のユニークな貸しスペースを、使用目的に応じて探し、1時間単位から簡単に借りることができる。
現在は、結婚式場やオフィスはじめ、古民家、お化け屋敷、野球場など、1万件以上のスペースが登録されており、月に数千名のユーザーが本サービスを利用している。

空きスペースの”もったいなさ”が、本サービスの原点

代表の重松さんは、前職・株式会社フォトクリエイトで、ウェディング写真撮影・即時インターネット配信サービスの新規事業の立上げに携わる。どこの結婚式場も平日は空きスペースになってしまうという“もったいなさ”が、本サービスの原点となる。
2013年、アメリカでAirbnbをはじめとしたシェアリングエコノミービジネスが大きなトレンドとなり、これを機に同サービスでの起業を決意された。

2014年にエンジニアと二人で起業した『スペースマーケット』は、その後急成長を遂げ、現在は社員とアルバイトを含め、約30名でサービスを運営している。

事業拡大にあたり、管理本部の体制を見直すことに

「経営者自らがそこに時間を割いていると、事業に集中できなくなると考えていたため、経理業務については、できる限り任せられる体制づくりを当初から確立していました。経理業務経験者の初期メンバーと、会計事務所にお手伝いいただきながら対応していました。」と語る重松さん。

しかし、事業拡大にあたって本格的に体制を整える必要が出てきたため、現在はさらに経理に強いメンバーにコミットしてもらい、管理本部をつくり対応をされている。

「弥生会計 スタンダード」の活用で、財務分析がスムーズに!

「弥生会計 スタンダードの導入は、顧問の税理士さんから勧められたのがきっかけです。会社の規模が伸び、サービスフェーズも変化していくなかで、“使いやすさを重視した会計ソフト”を求めていたのですが、導入して非常によかったと感じています。以前は、勘定科目の統一や総勘定元帳の会計データの適切な抽出に難を感じていましたが、弥生会計 スタンダード導入によりデータ抽出が直感的に、また財務分析においてもスムーズに行えるようになりました。効率よく正確に経理業務を行うためには、弥生会計 スタンダードのように、簡単に扱うことができ操作性のよい会計ソフトが最適だと思いますね。」

  • 社名
  • 事業形態
    株式会社
  • 設立
    2014年
  • 事業内容
    スペースシェアのマーケットプレイス「スペースマーケット」の運営
  • 所在地
    東京都新宿区

今回ご紹介した製品

お気軽にお問い合わせください

弥生株式会社
カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

  • 間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください
    IP電話局番 050 をお忘れなく!!

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ご回答は翌営業日中に
    メールまたはお電話でお答えいたします。