トップ > 合格者の声 > 横着しないでちゃんとテキストを使って勉強することが重要です

合格者の声

横着しないでちゃんとテキストを使って勉強することが重要です

永井 哲朗(ながい てつろう)さん
52歳・プログラマー

■ 弥生検定のことは、どこでお知りになったのですか?

私はパソコンを使って簿記を教えるスクールの講師もしているのですが、スクールの関係者から弥生検定というのがあることを聞かされたんです。すぐにホームページをチェックしました。
弥生会計は知名度が高いですが、弥生検定を実施していることはまだ周知されてないような気がします。

■ 弥生検定を受験した動機を教えてください。

スクールで講師をやる以上、日商簿記の3級は取ってほしいとスクールの方から言われ、試験を受けてみたら何とか取れたのです。その経緯で弥生検定の資格もついでに取ろうと思いました。
スクールのほうは、単に「エクセル教えます。ワード教えます」だけだと生徒も減っていくような感じがするんです。ですから、弥生会計のような業務ソフトを教える需要は今後増えていくと思います。ですから、弥生会計のことを教えるにも、弥生検定の資格は役立つだろうと考えました。
自営業なので、申告の時なんかで弥生会計は以前から使っていましたので、自己流ですが操作方法自体はそんなに不自由していなかったですね。

■ 受験前にどんな準備をされましたか?

試験対策用のテキストがありましたので、それで1カ月くらい勉強しました。
テキストは仕訳のことが多いので実務的だと思うのですが、もう少し別の角度から勉強できるようなテキストがあればさらにいいですね。本当はテキストの種類がもう少し多いと、講義をする側としても使いやすい気がします。まあ、スクールの関係者向けという特殊な使い方になりますが。
あとは弥生さんのホームページに、質問を受け付けるようなコーナーがあればいいですね。

■ 弥生検定を受験したときの感想をお聞かせください。

画面が二分割になっている試験でしたが、もっと複雑な画面になっている試験もあったので、そこはあまり気にならなかったです。試験では実際に弥生会計を使って入力していくのですが、そのあたりも大丈夫でした。 知識問題もかなり多く出たと思うんですが、実際の試験の時って頭がカーッとなっていたので詳しくは覚えていないんです。でも、印象に残っているのが、消費税とか税金関係の問題がうまく解けなかったこと。そこは勉強不足でしたね。
私の場合、問題は最初から順番に解いていきました。分からない問題も何とか答えていき、飛ばして進むことはしませんでした。
時間のほうも十分に足りました。5分か10分くらい前に終わったと思います。ただ、操作問題のほうが、時間がかかるのは確かです。知識問題のほうは覚えていて当たり前って感じのものが多かったので、分かるか分からないかのどちらかですよね。
あと、試験会場が岩手県だったのですが、今後はもっと近くて受けられるといいですね。

■ 弥生検定を受ける方へのアドバイスをお願いします。

ふだんの仕事では使わないようなところをきちんと勉強しておく必要があります。科目の仕訳とかは、ナメてかかるとダメですね。
ですから、テキストをちゃんと見て、自分で全部入力するというのが一番いい勉強方法だと思います。テキストは読んだだけではダメです。実際入力をしてみると、間違えることも多くあります。実際に入力しながら、間違いを正していくことが大切だと思います。
とにかく、横着しないでちゃんとテキストを使って勉強することが重要です。私の場合は1カ月前からって言いましたけど、その間は死にものぐるいで勉強しましたから。

■ 弥生検定合格をどのように生かしていこうと思っていますか?

そうですね。以前はスクールの生徒さんから「弥生検定って、どんな問題が出るのですか?」って聞かれても答えられなかったのですが、今では多少なりともアドバイスができるようになりました。そして、これからは生徒さんに弥生検定の受験を勧めることができます。
私自身は、今は日商簿記の2級を目指しているので、それで頭がいっぱいなんです(笑)。

ページトップに戻る

お申し込み

まず受験者登録を行ってください。
団体割引受験チケット をお持ちの方もこちらからお申し込みください。
弥生検定は、株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズにより管理・運営されています。

  • 受験者登録はじめての方
  • ログイン登録済みの方

お問い合わせ

お申し込み

弥生検定は、株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズにより管理・運営されています。

  • 受験者登録はじめての方
  • ログイン登録済みの方

団体割引受験チケット をお持ちの方もこちらからお申し込みください。

  • 試験会場一覧はこちら
  • 検定試験科はこちら