会計ソフトの弥生

新・消費税お役立ち情報

3. 経過措置を知っておく

基本的には、施行日以後に商品の販売やサービスの提供を行った場合は、
新しい消費税率が適用されますが、
経過措置が設けられているため、取り扱う商品やサービスによっては、
施行日以後であっても旧・消費税率が適用されるケースもあり注意が必要です。

経過措置について

たとえば、建設業などのようにスパンが長い商品やサービスを提供する場合は、経過措置が設けられており、指定日(施行日の半年前)の前日までに契約を締結していれば、引き渡しが新・消費税率施行日以後になっても旧・消費税率が適用されます。


  • 1. 新・消費税を理解する
  • 2. 自分への影響を確認する
  • 3. 経過措置を知っておく
  • 4. 価格表示方法の検討をする
  • 5. 価格転嫁を知っておく
  • 6. 請求書などの消費税率変更準備をする
  • 7. システムへの対応を行う
  • 8. 資金繰りに注意を払う
  • 新・消費税対策で弥生にできること