青色申告で必要な帳簿の種類

青色申告の場合は、収入や経費について、「いつ・どこに(どこで)・いくら・どのように」取引を行ったかを記録し、それぞれの残高を把握する必要があります。

たとえば、青色申告特別控除の10万円を受けるためには、簡易帳簿で記帳します。現金仕入をしたときは「現金出納帳」に記帳して現金がいくら残っているかを把握し、掛け仕入をしたときは「買掛帳」に記帳して支払っていない金額がいくらあるかを把握する、といった具合に各々の帳簿を作ります。また、この帳簿に基づいて、「損益計算書」を作成します。損益計算書とは、確定申告の際に儲けの計算を行うものです。

また、65万円控除をうけるためには、複式簿記により「青色申告承認申請書」に記載した帳簿(現金出納帳・預金出納帳・売掛帳・買掛帳・経費帳・固定資産台帳・仕訳帳・総勘定元帳など)を備え付ける必要があります。さらに、これらの帳簿に基づいた「損益計算書」・「貸借対照表」の作成も必要になります。貸借対照表は、年度末にどのくらいの事業用資産を持っているかを示した財産目録のようなものになります。

10万円控除に比べ、65万円控除は相当難しいものに感じるかもしれません。ただ、「やよいの青色申告」や「やよいの青色申告 オンライン」のかんたん取引入力を利用すれば、「いつ・どこに(どこで)・いくら・どのように」取引したかを入力するだけで、難しい帳簿や勘定科目を考えなくても、複式簿記の仕訳として登録され、青色申告に必要なすべての帳簿に記帳・転記され、「損益計算書」や「貸借対照表」も自動でできあがります。

補助簿

現金出納帳 現金の出入りをすべてまとめたもの
預金出納帳 口座上の取引をすべてまとめたもの
売掛帳 後払いで支払われる売上の取引をまとめたもの
買掛帳 後払いで支払う仕入の取引をまとめたもの
経費帳 必要経費をすべてまとめたもの
固定資産台帳 減価償却する固定資産をまとめたもの

主要簿

仕訳帳 すべての取引を簿記の仕訳で日付順に並べたもの
総勘定元帳 仕訳帳の取引を種類ごとにまとめたもの
選べる!弥生の確定申告ソフト

※全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,614店におけるソフト実売統計で、弥生は2016年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:18年連続受賞、申告ソフト部門:13年連続受賞)-株式会社BCN調べ


選べる!弥生の確定申告ソフト

※全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,614店におけるソフト実売統計で、弥生は2016年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:18年連続受賞、申告ソフト部門:13年連続受賞)-株式会社BCN調べ

青色申告がよく分かるガイド本
  • ※Twitterアカウントをお持ちでない場合はTwitterサイトで登録が必要です。
  • ※一般的なTwitterのご利用方法はツイナビのTwitterの使い方ガイドが便利です。

お気軽にお問い合わせ下さい。

お気軽にお問い合わせ下さい。

弥生株式会社 カスタマーセンター

弥生株式会社 カスタマーセンター

受付時間 9:30~12:00 / 13:00~17:30 (土・日・祝日および弊社休日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

※間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください。IP電話局番 050 をお忘れなく!!

メールで問い合わせる

お問い合わせフォームへ

※ご回答は翌営業日中に
メールまたはお電話でお答えいたします。