顧問先とのデータ運用弥生会計 16 AEの機能 デスクトップアプリ

機能一覧に戻る

弥生が提供するサービスや「弥生会計」の機能を利用することで、簡単に顧問先のデータを管理・活用できます。

データ共有サービス(弥生ドライブ)の利用 顧問先の会計データをリアルタイムに把握

データ共有サービスで会計データを共有

「弥生ドライブ」上にデータをアップロード・保管すれば、かんたんに顧問先とデータのやりとりができます。

  • 本サービスを利用するには顧問先の「あんしん保守サポート」への加入が必要です。

「弥生ドライブ」とは

「弥生ドライブ」とは、弥生製品のデータをあんしん・安全に保管するために作られたオンラインストレージサービスです。
「弥生ドライブ」を利用したサービスとして、「データ共有サービス」、「データバックアップサービス」を提供しています。

データ共有サービスのポイント

本サービスはMicrosoft Windows Azure上で24時間365日のシステム監視のもとに運用しており、セキュリティも安心です。

データ送受信機能 顧問先とのデータ受け渡しがスムーズにできる

データの送受信

データの送受信機能を利用すれば、全データ、あるいは差分データだけを抜き出して、データの受け渡しができます。

  • あらかじめ顧問先とデータを送信するタイミング、繰越処理の時期を決めておく必要があります。
  • データ保全のため、データのバックアップを同時に行うことを推奨しています。

データのバックアップ 大切なデータを安全に守る

顧問先とデータの共有

大切なデータを、「弥生ドライブ」で安全に保管できます。パソコンの故障や災害などでデータにトラブルが発生した場合でも復旧でき安心です。

データのバックアップのポイント

かんたんな操作でバックアップデータを保管可能。「弥生会計」のバックアップファイルは自動で「弥生ドライブ」へ保管されます。

異なるグレードの事務所データの受け渡し

「弥生会計 AE」は、データ連動性に優れており、異なるグレードの事務所データの受け渡しが可能です。

異なるグレードの事務所データの受け渡し

異なるバージョンの場合

「弥生会計 AE」は、異なるバージョンのデータ編集・保存ができます。

対応しているバージョン
「弥生会計 09」以降の製品
  • 過去バージョンのデータの場合は、最新の法令/税制に対応していない場合があります。

また、「弥生会計 09」以降の製品をお持ちの方は、新製品に搭載されたコンバート機能を使用して、データを変換できます。
詳しくはバージョンアップ・アップグレードをご覧ください。

弥生会計 AEは、弥生PAP会員専用の製品です。ご利用いただくには、弥生PAPへのご入会が必要となります。

弥生会計 AEについての

お問い合わせ

弥生PAPについてのお問い合わせもこちらから

弥生PAP

ご案内

弥生PAP

資料請求

まずはお気軽にお問い合わせください!

03-5207-8857

受付時間 9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます。)