導入・設定弥生会計 17 AEの機能 デスクトップアプリ

機能一覧に戻る

事業所データ作成 データの新規作成

事務所データの新規作成 拡大する 事務所データの新規作成

顧客先の事業所名、住所、決算期など、プログラムからの質問に答えるだけで、かんたんにデータを作成可能。

事業所データ作成のポイント

  • (1)
    データの新規作成時、「既存のデータを複写してデータを作成する」を選択すると、既存の事業所データをベースに勘定科目等が同じように作成されるので、作成時間がさらに短縮できます。
  • (2)
    「弥生会計」は自由に科目体系を編集できます。また、事業所データ作成時に「データテンプレートを利用してデータを作成する」を選ぶと、下記対応業種にあった勘定科目テンプレートを利用でき、初期設定作業の手間を軽減できます。
    対応業種
    建設業/小売業/不動産業/医療業/飲食業/理容・美容業/IT・情報サービス業/デザイン業/生保・損保業/運輸業
    • 不動産業は法人、医療業は個人に対応。それ以外は法人・個人に対応。

    会計データテンプレートはこちら

  • (3)
    データを作成する際は、マルチユーザー形式※1でもスタンドアロン形式※2でも作成できます。
  • ※1
    マルチユーザー形式:「弥生会計 プロフェッショナル 2ユーザー」「弥生会計 ネットワーク」に対応したデータ形式
  • ※2
    スタンドアロン形式:「やよいの青色申告」「弥生会計スタンダード」「弥生会計 プロフェッショナル」に対応したデータ形式

科目設定 科目設定、編集が簡単

顧問先の事業内容にあわせて、自由に勘定科目の追加・編集ができます。

科目設定、勘定科目の編集 科目設定、勘定科目の編集

科目残高の入力 一覧形式で残高入力が可能

科目残高入力 拡大する 科目残高入力

導入時の開始残高(前期繰越残高)を一覧形式で入力でき、入力漏れをなくせます。また、貸借バランスも同画面で確認できます。

科目残高入力のポイント

補助科目へ残高入力した場合、補助科目の残高は自動で勘定科目へ集計されるため、入力の二度手間が省けます。

事業所データの選択 業務に合わせて事業所データ管理ができる

「弥生会計」ではデータ作成時にデータ名を自由に設定できるので、事務所にあった管理が可能です。また、登録できる事業所データ件数に制限がないので、複数の顧問先が管理できます。

事業所データの選択 事業所データの選択

事業所データの選択のポイント

事業所データ名にコードを付けておくと、絞り込み機能で簡単に事業所データを呼び出せます。また、バージョンごとにデータを表示することもできます。

弥生会計 AEは、弥生PAP会員専用の製品です。ご利用いただくには、弥生PAPへのご入会が必要となります。

弥生会計 AEについての

お問い合わせ

弥生PAPについてのお問い合わせもこちらから

弥生PAP

ご案内

弥生PAP

資料請求

まずはお気軽にお問い合わせください!

03-5207-8857

受付時間 9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます。)