システム要件・主要スペック弥生会計 17 AE デスクトップアプリ

システム要件

日本語OS※1 Microsoft® Windows® 10/8.1/7/Vista
  • Windows RT8.1 / 7 SPなし / Vista SPなし / Vista SP1は除く
対応機種
(パソコン本体)
上記、日本語OSが稼働するパーソナルコンピューター
インテル® Core 2 Duo以上または同等の性能を持つプロセッサ
Web ブラウザー※2 Microsoft Internet Explorer® または Microsoft Edge(必須)
メモリ※3 Windows 10/8.1/7 - 1GB以上(32ビット)/2GB以上(64ビット)
Windows Vista - 1GB以上
ハードディスク 必須空き容量 400MB以上(*)
  • (*)
    データベースをインストールする場合、別途空き容量が必要です。
  • データ領域は別途必要です。
  • インストール時や製品動作時にはシステムドライブに一時ファイル領域が必要です。
動作に必要なソフトウェア 本製品の動作には、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1、VC++2013ランタイムが必要です。
  • インストール済みでない場合は本製品のインストール時に同時にインストールされ、300MB以上の空き容量が別途必要になります。インストール時に、再起動が必要になる場合があります。
製品付属のPDFマニュアル等を利用するにはAdobe Acrobat Reader DCが必要です。
データベース※4 マルチユーザー形式のデータを作成する場合は、データベースをインストールする必要があります。
Microsoft SQL Server 2012 Express SP2を本製品のインストーラーからインストールすることができます。
SQL Server 2012 Express SP2をインストールする際の注意点
  • インストールするには、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1および、Microsoft .NET Framework 4.0以降が必要です。付属のSQL Server 2012 Express SP2のインストールを行う場合は、上記ソフトウェアもインストールされます。
  • インストールする際は、インストール先ドライブに4.2GB以上の空き容量が必要です。
  • TCP/IPなどのネットワーク設定が正しく行われている必要があります。
  • 旧バージョンのSQL ServerおよびSQL Server互換のMSDEがインストールされている環境にはインストールできません。
  • 1事業所データの領域として最大10GBまで使用可能です。
一括バックアップツールをインストールする際の注意点
  • インストールする際は、インストール先ドライブに20MB以上の空き容量が必要です。
  • 一括バックアップツールの動作には、Microsoft .NET Framework 3.5 SP1、VC++2013ランタイムが必要です。
インターネット環境 インターネットに接続できる環境が必要です。有線LAN環境での運用を推奨します。

その他(周辺機器、連携ソフトウェアなど)

ディスプレイ 本体に接続可能で、上記日本語OSに対応したディスプレイ
解像度:1024×768以上必須/1280×768(WXGA)以上、High Color(16ビット)以上を推奨
マウス / キーボード 上記日本語OSで使用可能なマウス / キーボード
日本語入力システム 上記日本語OSに対応した日本語入力システム
  • 対応している文字コードは、JISコードの第1水準と第2水準です。その他の文字コードについては、代替文字または、ひらがなでご入力ください。
ディスクドライブ DVD-ROMドライブ
  • 製品をDVD-ROMからインストールする場合に必要です。
プリンター 上記日本語OSに対応したプリンター
  • インクジェットプリンターについては機種および使用できる専用用紙に一部制限があります。
  • ドットインパクトプリンターの場合は15インチ連続用紙が使用できるプリンターが必要です。
Excelへの書き出し機能を利用する場合※5 集計表などのデータをExcelに書き出す場合は、Microsoft Excel 2007以降が別途必要です。
データ送受信 事業所データを電子メールに添付して送信する場合は、Microsoft Outlook 2007以降または、Windowsメール、Windows Live メールのいずれかが、通常使用する電子メールのプログラムとして設定されている必要があります。
  • Windows 10 / 8.1 標準メールでは「メール送信」機能が動作しません。
スマート取引取込を利用する場合※6 スマート取引取込で「弥生口座自動連携ツール」を利用する場合は、上記日本語OSとInternet Explorer 11、またはMozilla Firefoxでご利用ください。
  • ※1
    日本語OSについて
    Windows 10と表記されているものは、Windows 10 Home / Pro / Enterpriseの略称です。
    Windows 8.1と表記されているものは、Windows 8.1 / Pro / Enterpriseの略称です。(Windows RT8.1は含みません)
    Windows 7と表記されているものは、Windows 7 Ultimate / Enterprise / Professional / Home Premium / Starter SP1以降の略称です。
    Windows Vistaと表記されているものは、Windows Vista Ultimate / Enterprise / Business / Home Premium / Home Basic SP2以降(32ビット版のみ)の略称です。
    インターナショナル版・日本語ランゲージパックは動作対象外となります。
  • ※2
    Miscosoft Internet Explorerについて
    Microsoft Internet Explorerは、各OSでサポートされている最新のバージョンをご利用ください。
  • ※3
    64ビットOSでの動作について
    Windows Vistaは64ビットには対応しておりません。
    Windows 10 / 8.1 / 7(64ビット)では、WOW64の環境で動作します。
  • ※4
    データベースについて
    データベースを外付けハードディスクドライブなどにインストールすると接続の不安定や動作遅延によるエラーが発生し、データ破損の原因となります。内蔵のローカルハードディスクドライブへインストールしてください。
  • ※5
    Excelへの書き出し機能について
    対象製品は「弥生会計」の全グレード、「弥生販売」の全グレード、「弥生給与」、および「やよいの顧客管理」です。
  • ※6
    スマート取引取込について
    対象製品は「弥生会計」の全グレード、および「やよいの青色申告」です。また、事前に弥生IDの取得や外部サービスのアカウント作成が必要です。

主要スペック

勘定科目体系

法人 一般 製造原価管理の選択あり
個人 一般 製造原価管理の選択あり、不動産兼業の選択あり
農業 生産原価管理の選択あり、不動産兼業の選択あり ※ 青色申告のみ対応
不動産  

データ件数

制限なし 勘定科目、補助科目、部門、事業所数
1伝票入力行数、固定資産データ、手形データ
制限あり 給与明細書データ 1事業所データにつき12人まで作成可能
部門階層 最大5階層まで(登録部門数は無制限)
  • 仕訳処理データ量は年間最大100,000仕訳行数(履歴を含む)です。

入力最大桁数

勘定科目
補助科目
部門
名称 全角12文字
サーチキー 半角8桁
伝票No. 半角6桁
金額欄 取引金額 +11桁、-10桁
集計金額 12桁
摘要欄 通常明細摘要 全角32文字
仕訳メモ 全角90文字

システム要件についてのお知らせ

弥生会計 AEは、弥生PAP会員専用の製品です。ご利用いただくには、弥生PAPへのご入会が必要となります。

弥生会計 AEについての

お問い合わせ

弥生PAPについてのお問い合わせもこちらから

弥生PAP

ご案内

弥生PAP

資料請求

まずはお気軽にお問い合わせください!

03-5207-8857

受付時間 9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます。)