弥生会計 導入事例

弥生会計を導入して、決算の数字をきちんと把握できるようになった

ブリッジ・リサーチ&コンサルティング合同会社(東京都港区)

中小企業向けITコンサルティング専門企業としてコンサルティング活動、セミナー講演や研修講師、執筆などの活動を行っている中小企業向けITコンサルティング専門企業。企業理念は「利他の精神にてお客様と自社の成長・発展・従業員の幸福を目的とする」こと。

当初は会計ソフトを使わずに手作業で記帳

阿部代表社員。中小企業向けITコンサルタントとしてコンサルティング活動の他、セミナー講演や研修講師、執筆活動などを行う。

独立してしばらくは会計ソフトを使っていませんでした。個人事業で始めたこともあり、うちの妻が台帳を作り、売上や経費などはそこに記帳していたのです。申告は青色申告でした。
しかし、法人化にあたり経理の業務をきちんと行う必要があると考え、会計ソフトを導入しました。実はそのときは弥生会計ではなく、別のソフトを購入したのです。
入力はすべて妻が行い、私がそのデータをチェックするという方法で経理の業務を行っていました。しかし、私も妻も経理の経験がないので、税金の計算や仕訳などで悩むことはよくありましたね。

税理士の勧めで弥生会計を導入

法人化すると、経理の業務でも分からないことが多く出てきたので、専門家である税理士の先生に相談しようと思いました。
弥生会計を導入したのは、その税理士が弥生を使っていたからなのです。税理士の先生から的確なアドバイスをいただくためにも、弥生会計に乗り換えたほうがいいと考えました。
別のソフトと弥生会計との大きな違いは、ユーザーインタフェースが分かりやすいということです。私や妻のように会計や簿記を専門に勉強したことのない者には、ユーザーインタフェースは大きなポイント。弥生会計はナビゲーター機能が充実しているので、とても簡単に使い始めることができました。
現在は弥生会計を使って決算書まで自分たちで作成し、そのデータを税理士にチェックしてもらっています。

決算の数字をきちんと把握できる!

弥生会計を使用するようになって、決算の数字をきちんと把握できるようになったと話す。

弥生会計を導入したことにより、決算の数字をきちんと把握できるようになりました。
経営にとって最も重要なことは、過去から現在や未来の利益とキャッシュを生み出す力です。決算の数字を把握できるということは、未来のための活動する方針を描くためには重要であると思います。
また、正確な決算書を作るには、月次の数字もきちんとしなければなりません。経営はキャッシュ、利益、売上の順で優先度が高いと考えます。
つまり、現在、銀行にキャッシュがどれだけあるかといったキャッシュフロー上の数字の私のような小さな企業でもきちんと把握しておく必要があります。黒字倒産は帳簿上、黒字でも現金が無いことでおこります。
そうならないためにも、未来を明るいものにしていくためにも会計は本当に重要だと思っています。

経理データの“見える化”は基本中の基本

中小企業向けのコンサルタントという仕事をやっているので、私自身もできれば税金をいっぱい払いたいと考えています。
利益を隠したり、逆に赤字なのに黒字で申請しているのはとんでもない経営だと思います。とにかく、税金隠しをするような経営は許せないです。
弥生会計のようなソフトで経営や経理情報を見える化するというのは、経営者にとってもっとも基本中の基本だと考えています。
企業名 ブリッジ・リサーチ&コンサルティング合同会社
使用ソフト 弥生会計
事業内容 中小企業向けITコンサルティング専門企業として、コンサルティング活動、セミナー講演や研修講師、執筆活動
所在地 東京都港区
設立 2008年

今回ご紹介した製品

今すぐご相談したいお客様

弥生製品に精通した弥生カスタマーセンターのオペレーターがお客様の状況をおうかがいしながら、お電話にてお応えします。

0570-001-841

※ナビダイヤルは東京または大阪に着信し、通話料はお客さまのご負担になります。
ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、050-3388-1000をご利用下さい。

受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)