やよいの青色申告 オンライン 導入事例

税務処理になるべく時間をかけたくないですよね。「かんたん取引入力」がすごく便利でした

Photo-Do

外資系のIT企業で働いていたが、2014年9月から出張撮影のカメラマンとして活動を始める。関東近郊を飛び回り、生前写真を中心に現場の雰囲気を活かした自然な撮影を得意としている。家族が活き活きと輝く写真がモットー。

白でも青でも手間は変わらないとアドバイスされて

藤巻さんは機材とともに現場に出掛けて撮影するスタイル。そのほうが自然な写真が撮れるという

昨年9月に開業したとき、最初は白色申告を考えていました。ところが知人の中小企業コンサルタントに相談したところ、白でも青でも帳簿を付ける手間は基本的に変わらないので65万円控除を受けられるほうがいいんじゃない、というアドバイスをもらって。
そこで青色申告に決めたのですが、複式簿記などの知識はまったくなかったですね。ひとまず帳簿だけはExcelで付けていましたが、その先どうすればいいのかで悩んでいたんですよ。地元の青色申告会に相談したら、Excelのデータがあるなら、それを確定申告ソフトに入力し直せばいいですよと言われて。そこからソフトを探し始めました。

税務処理になるべく時間をかけたくない

撮影した写真はMacで管理。写真のチェックや修正は1枚ずつ丹念に行っている

Macを使って仕事をしているのでクラウド版を選びました。「クラウドにデータを置くのは不安」という人も周りにはいましたが、私自身はもともとIT企業で働いていて、データセンターの仕組みも理解していたので抵抗はありませんでした。
ソフトを使う一番の理由は、税務処理になるべく時間をかけたくない、ということですよね。今回はデータ入力したものを青色申告会で間違いがないかどうかチェックしてもらって、あとは申告書の作成まであっという間でした。当初は悩んでいましたが、このソフトを使うと決めて気持ちが楽になりましたね。作業時間は半分以下になったと思います。

「かんたん取引入力」はすごく便利

「かんたん取引入力」で仕訳の手間が省けるが一番だという藤巻さん

機能的には「かんたん取引入力」がすごく便利でしたね。私自身、経理の知識はないし、できればわざわざ複式簿記の仕訳を覚えるようなこともしたくない。個人事業主をしていて、経理の勉強のために時間を割くのは難しいですよね。この入力方法は手間をかけたくない私のスタンスにはとても合っています。
経費で一番かかるのは交通費です。いま出張撮影の仕事で、移動は公共の交通機関を使っているんです。Suicaのデータが自動取り込みできるというのはありがたいですね。

店名 Photo-Do
開業年 2014年9月
サービス使用開始時期 2014年11月
従業員数 1名
事業形態 個人事業主

今回ご紹介した製品

今すぐご相談したいお客様

弥生製品に精通した弥生カスタマーセンターのオペレーターがお客様の状況をおうかがいしながら、お電話にてお応えします。

0570-001-841

※ナビダイヤルは東京または大阪に着信し、通話料はお客さまのご負担になります。
ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、050-3388-1000をご利用下さい。

受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)