弥生販売プロフェッショナル2ユーザー 導入事例

弥生販売プロフェッショナルで安心して使える環境を実現

斎藤無線株式会社(千葉県銚子市)

漁船で使う計器類の販売・修理と船舶関係の付帯業務を行なっている斎藤無線株式会社。以前利用していた他社製の販売管理ソフトが最新OSに対応できなくなり、弥生販売プロフェッショナルへ移行。以前の操作・利用環境にできるだけ近い利用を実現しながら、これまではできなかった在庫管理への取り組みをスタートしている。

利用してきた販売管理ソフトが最新のOSに対応しなくなってしまった

斎藤無線の皆さん。斎藤無線は漁業市場の近くにあり、計器に関する豊富な知識と確かな修理技術で信頼されている。

「以前使っていた販売管理ソフトがWindowsのOS更新に対応しなくなってしまい、弥生販売プロフェッショナルに切り換えました」
全国でもトップクラスの年間水揚量を誇る銚子漁港の近くで、漁労計器・航海計器・無線装置類の販売・修理と、船舶の登録や船舶無線の検査といった付帯業務を行なっている斎藤無線株式会社。創業以来、一貫して銚子漁港を利用する船舶にサービスを提供し、漁船だけでなく魚問屋からも厚い信頼を得ている。
「10年ほど前から、他社製の販売管理ソフトを使用していました。操作性などの面では全く問題なかったのですが、リースしていたパソコンの契約更新にともなってパソコンが新しくなり、OSがWindows XPに変わりました。ところが以前使っていた販売管理ソフトはWindows2000までしか対応していなかったので、使い続けることができなくなり、他の販売管理ソフトを探すことになりました」。
斎藤無線で販売管理を担当している向後奈美さんは、できるだけ以前と同じように使いたかったが、どのメーカーの販売管理ソフトにすればそれが可能なのかが分からなかったと話す。そこで斎藤無線では、以前から存在を知っていた弥生ビジネスパートナーの銚子インターネットに相談することにした。銚子インターネットは、以前の販売管理ソフトと全く同じ環境を再現することはできないが、データの移行ができ、機能面でもできるだけ同じように使えるということを前提に、弥生販売を含む複数の販売管理ソフトをリストアップ。弥生販売のデモを最初に行ない、対応する機能の多さと、価格面や操作性が評価され、弥生販売プロフェッショナルの導入が決定した。

以前と同じ操作性や利用環境をできるだけ再現したかった

販売管理を担当している向後さん。ソフトの切り換えにあたって、できるだけ以前と同じように使いたい、という要望を最優先にした。

斎藤無線は船舶無線関係の書類作成やデータ参照での利用も多く、以前からパソコンを2台使い、販売管理ソフトも両方で利用していた。「2台あるパソコンのうち、1台は売上や販売管理で私が利用し、もう1台は営業や技術部門の利用と、販売管理の入力作業用として使っていました」。できるだけ以前と同じ環境で使いたいという要望を受け、銚子インターネットは弥生販売プロフェッショナルも2ユーザーとし、過去データ参照用にOSがWindows2000のパソコンを1台残す構成でシステム構築を行なった。 導入にあたり、データの移行や初期設定を含めた準備期間は3週間ほどですみ、導入決定からまもなく本格稼動が始まった。 「基本的な操作が同じでしたので、すぐに慣れることができました。もちろん細かい部分では違いがありますし、最初は若干とまどいもありましたが、計画段階で弥生販売ならどういったことができるかをほぼ把握していましたので、対応が楽でした。以前使っていた販売管理ソフトはOSの更新で使えなくなってしまいましたが、弥生販売はそういう心配もありませんし(笑)、銚子インターネットのサポートもありますから安心して使えます」。使い始めて1年以上経つ現在、向後さんは新しく入社した事務スタッフに、弥生販売プロフェッショナルの操作を指導しているほど習熟している。

弥生販売プロフェッショナルの導入で、在庫管理への取り組みをスタート

計器類の修理は年間で500件近くもあり、斎藤無線の売上の20%ほどを占めている。休日でも依頼があれば漁船へ出向き、可能な限りその場で修理する。

船舶用の計器類はかなり高額で、漁船では使い慣れた計器が好まれるため、一度購入した計器は修理しながら長年使い続けられる傾向にある。斎藤無線は漁業計器類の全メーカーに対応する方針をとっているため、修理用部品の数が膨大になっている。技術部門で修理を担当している斎藤雅夫さんは、部品の備蓄は漁船の修理には欠かせないと話す。「もうメーカーが作っていない計器の部品も備蓄していますので、部品は数万点にもなります。最新の計器は基盤ごと交換するようになっていますので数自体が減っていますし、メーカーに備蓄がありますからそれほど用意しておかなくても大丈夫なのですが、それでも修理は依頼された当日に完了させるのが基本ですから、ある程度の数は必要です」。

修理に使う部品の一部。メーカーが既に対応していない計器でも修理できるため、顧客に感謝され、それが口コミで広まっている。

また、修理依頼は銚子の漁協に所属している漁船だけでなく、九州や北海道など他の漁協に所属しながら、銚子漁協魚市場の魚問屋に魚を売りにくる廻船からもある。斎藤無線が販売した計器類だけが対象ではないため、どの程度の修理依頼が来るか予測ができない。 「経営面でも財務面でも在庫管理をした方が良いのですが、以前の販売管理ソフトはデータ容量に問題があったのでデータでの管理ができませんでした。手書きの台帳という方法もあるのですが、数が多過ぎてとても作ることができません。でも、弥生販売プロフェッショナルはデータ容量が大きいですから、基本的には金額が大きいものだけを登録し、金額が少ない商品でも利用頻度が多ければ登録するようにしています。完全ではありませんし、どのくらいの金額から登録するかなど検討することも多いですが、徐々に在庫管理をやれるようにしたいと思っています(向後さん)」。
企業名 斎藤無線株式会社
使用ソフト 弥生販売プロフェッショナル2ユーザー
事業内容 漁労計器・航海計器・無線装置類の販売・修理、船舶関係の付帯業務
所在地 千葉県銚子市
TEL 0479-22-3163
設立 1957年
年商 1億3千万円
従業員数 8名
導入時期 2006年
導入支援 銚子インターネット株式会社

今回ご紹介した製品

今すぐご相談したいお客様

弥生製品に精通した弥生カスタマーセンターのオペレーターがお客様の状況をおうかがいしながら、お電話にてお応えします。

0570-001-841

※ナビダイヤルは東京または大阪に着信し、通話料はお客さまのご負担になります。
ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、050-3388-1000をご利用下さい。

受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)