弥生会計スクールパック 導入事例

弥生会計は簿記初心者でも使いやすく、学生や社会人受講生の実力向上に つながっている

学校法人秋葉学園 千葉情報経理専門学校(千葉県千葉市)

全国でもいち早くコンピュータ会計を授業に取り入れた千葉情報経理専門学校。弥生会計を用いた講座を受講する専門学校生や社会人は、簿記の知識習得だけでなく、財務データを経営に活かす方法も身につけている。

さまざまな授業で弥生会計を利用している

千葉情報経理専門学校は、京成線千葉中央駅前を中心に5つの校舎を持っている。

「簿記を学ぶ学生だけでなく、一歩進んで財務情報を経営に活かすための勉強をしている学生にとっても、弥生会計は良い入口になっています」
学校法人秋葉学園は1954年に簿記学校としてスタートし、現在では千葉情報経理専門学校、東京豊島医療福祉専門学校、成田国際福祉専門学校の3校を運営している。千葉情報経理専門学校は、経営経理科、コンピュータ会計科、情報処理科、情報ビジネス科、DTPデザイン科、医療秘書科などの学科があり、専門学科の目的にそって学べるカリキュラムを提供している。このほか、雇用・能力開発機構から依頼された職業訓練のための社会人コース、社会人向けの定期的な講座や法人会から依頼される弥生会計講座などもおこなっている。

「弥生会計を使っている学生は経営経理科とコンピュータ会計科がメインになりますが、そのほかの4つの学科でも常識として広い意味での企業会計を学ぶための授業で使っています。給料明細の見方や年末調整、財務分析のやり方もふくめてコンピュータ会計の要素を取り入れています。社会人もコース内容はさまざまですが、弥生会計を使った授業は必ず受講しています」と、学生部長で経理とコンピュータ会計の授業を担当している半田弥生先生は話す。

「受講生は簿記の履修経験のない学生や社会人がほとんどのため、操作が簡単で画面がわかりやすい弥生会計は、授業で使う会計ソフトとして優れています」。
「秋葉学園全体の学生数は約800名になりますが、その内、弥生会計を使う学生は200名を超えています。そのほかに、年間で300名以上の受講生がいる社会人向けの職業訓練でも弥生会計を使ったカリキュラムがあります。入学前は借方や貸方といった基本すらわかっていませんが、体験入学で弥生会計を操作して安心し、それで入学するケースもあります」。

コンピュータ会計の導入に早くから取り組んでいた

弥生会計は、専門学校生、社会人を問わず、幅広い授業で使われている。

秋葉学園は、早い時期からオフィスコンピュータの財務利用に着目し、財務専用のオフィスコンピュータを導入するなど、授業に取り入れられるかを検討していた。しかしソフトが会計のプロの利用を前提として作られていたことや、コンピュータの操作も当時は複雑だったことなど、教育に利用できる環境ではなかった。その後、社会的にコンピュータが一般化し、会計事務所にも導入が進みはじめた1990年に、コンピュータを利用した簿記会計や財務分析の授業を開始。以後、コンピュータとOSや会計ソフトの性能向上にともなってさまざまな機種・ソフトを利用しながら授業のコマ数を増やし、専門学校生だけでなく社会人を対象にした職業訓練など、利用範囲を広げて来た。

「2000年に社団法人全国経理学校協会(現 全国経理教育協会)が『コンピュータ会計能力検定試験』を開始したのですが、試験で市販の会計ソフトを操作するため、新たに会計ソフトを購入することになりました。それまで利用していた会計ソフトが操作面では決して優れていなかったことと、教室が当時4つあり、1教室が40人のクラスなら会計ソフトは160本必要になり、金額が膨大になる問題がありました。そこで弥生をはじめとする数社を検討しました」。その結果、使いやすさと価格面の総合評価で弥生会計スクールパックに決定。導入当初は秋葉学園全体で172ライセンス、千葉情報経理専門学校では2教室分 88ライセンスでの利用がスタートした。

「弥生会計スクールパックの導入が決定したのは2001年2月で、4月から授業で使うことになっていました。私自身は以前から色々な市販の会計ソフトを使い、授業に使うための機能や操作も把握していましたが、弥生会計を使うのは初めてでした。でも『使いやすいし画面も見やすい』というのが第一印象でしたし、画面の切り替えなど操作面も抜群に良かったですね。弊校の場合、学生の多くは簿記経験がまったくない初心者です。そういう学生にとって、見やすさ、会計処理の流れのわかりやすさは大切です。私自身は1週間程で授業で教えられるレベルになりました。マニュアルがしっかりしていたので、操作面でわからないところはマニュアルを読み、細かい部分はカスタマーセンターに電話して解決しました」。使い始めてみて、今までの苦労は何だったのだろうと感じたと話す半田先生は、授業で使うテキストも年々クオリティが上がり、わかりやすい内容になっていると評価している。

「2001年当時はまだコンピュータを使ったことのない学生や社会人がたくさんいましたが、今は使えない方が珍しいですから、教えるという点では随分変わりましたね」。コンピュータ会計のキャリアが豊富な半田先生は、講師として全国経理教育協会の加盟校へ、弥生会計を使用するコンピュータ会計の出張授業に行くこともある。

会計ソフトを使えることが就職で重視されるようになっている

簿記とコンピュータ会計の授業を担当している半田弥生先生。半田先生はコンピュータ会計の教師として豊富な経験を持っている。

千葉情報経理専門学校のカリキュラムは、基礎力から応用力まで配慮して編成されているが、弥生会計は専門学校生と社会人向けの授業で、どの段階でも利用されている。「経営経理科とコンピュータ会計科は、初年度に簿記や企業論、財務会計を学び、2年次に、経営経理科は簿記と税法をさらに学び、コンピュータ会計科ではコンピュータを使う頻度が増えて行きます。起業家志望や親の事業を引き継ぐ学生が多いコンピュータ会計科は、財務分析や事業全体の流れがわかるような勉強が主になります。社会人も簿記の理論だけを学ぶよりも、数字が合う面白さを体験しながら簿記の仕組みがわかるコンピュータ会計の方が楽しいと言う方が多く、自然と勉強熱心煮なるケースが多いですね。そういう意味では簿記を学ぶ入口として弥生会計を使うのは有効だと思っています」。

授業は、単に簿記を学ぶだけでなく、財務全般の理解につながるよう、学生や社会人の受講生が会社経営者になり、勘定科目の設定からスタートし、科目残高入力、仕訳の作業を経て財務諸表をプリントアウトするといった工夫がなされている。「財務諸表は実際に使われているものと全く同じ内容ですし、会社名が表紙にプリントアウトされると受講生はとても喜びます。実務に活かせる知識・技術・技能を習得させることが目的ですから、前年度比較や数年単位での比較も必要になりますので、市販されている企業の会計データを授業に使っています。それ以外にも、インターネットで公開されている同業他社の決算書をダウンロードして、業績の違いを比較することもあります。こうした分析は実際に経営にたずさわった時、キャッシュフローの把握に役立ちます」。

千葉情報経理専門学校は、放課後でも学生が自習できるように教室を開放し、検定試験の受験者はもちろん、さまざまな学生や社会人のレベルに合わせたサポートを提供している。「弊校では検定試験の高い合格率を誇っていますが、むしろ実務能力を高めることに力を入れています。それは、資格の有無よりもコンピュータ会計ができる、しかも弥生会計を使って学んでいることが就職では重視されているからです。会計事務所へ就職すると、弥生会計を使っている顧客が多いので、操作できる学生は重宝されます。また、一般企業や金融機関で万一違う会計ソフトを使う場合でも、基本的な流れを学んでいるのですぐに対応できます。再就職した社会人からも、コンピュータ会計を習得したことが一番役立ったとよく言われます」。

確かな実力を身につけるためには、間違いがあればその原因を検証することが勉強になるが、学生や社会人受講生が自力で検証するのはむずかしい。「そこを諦めてしまわないようにサポートすることで、間違いを理解力の向上につなげられるように工夫しています。弥生会計は処理の流れを把握しやすく、どこで間違えたかを追いやすいので、そういう点でも最適です」。千葉情報経理専門学校は、入学してから卒業、就職するまで、1人ひとりの状態に合わせて丁寧な指導とサポートを提供している。
企業名 学校法人秋葉学園 千葉情報経理専門学校
使用ソフト 弥生会計スクールパック
事業内容 専門学校
所在地 千葉県千葉市中央区
TEL 043-246-4211
設立 1954年
年商 -
生徒人数 専門学校生約400名、社会人約300名
導入時期 2001年
導入支援 なし

今回ご紹介した製品

今すぐご相談したいお客様

弥生製品に精通した弥生カスタマーセンターのオペレーターがお客様の状況をおうかがいしながら、お電話にてお応えします。

0570-001-841

※ナビダイヤルは東京または大阪に着信し、通話料はお客さまのご負担になります。
ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、050-3388-1000をご利用下さい。

受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)