製品サポート・業務情報2016年11月 4日NEW

平成28年分の年末調整でマイナンバーが必要な帳票、不要な帳票について

マイナンバー制度の開始にともない、年末調整関連の帳票において様式が大きく変更されています。中にはマイナンバーの記載が必須であるものと、省略できるものがあります。

各帳票のマイナンバー記載について

帳票名 マイナンバーの記載 『弥生給与(やよいの給与計算)17』
製品の対応
源泉徴収票(受給者交付用) 記載不要 印字しない
源泉徴収票(税務署提出用) 記載要 印字有無の選択可能
給与支払報告書(個人別明細書) 記載要 印字有無の選択可能
給与支払報告書(総括表) 記載要
(給与支払者のみ)
印字有無の選択可能

平成28年分
給与所得者の保険料控除申告書 兼
給与所得者の配偶者特別控除申告書

記載要
(給与支払者のみ)

法人番号のみ印字
(給与支払者が個人の場合、
マイナンバーは印字しません)

平成28年分
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

記載要
省略可能な場合あり
【方法1】

印刷不可
(『弥生給与(やよいの給与計算)16』
平成27年分年末調整対応版で印刷可能)

平成29年分(翌年分)
給与所得者の扶養控除等(異動)申告書

記載要
省略可能な場合あり
【方法1】または【方法2】

印字有無の選択可能
(給与支払者が個人の場合、
給与支払者のマイナンバーは印字しません)

 
弥生株式会社では、あらかじめマイナンバーの収集が済んでいる場合には、漏えいリスクを軽減させるためにも
【方法1】によって扶養控除等異動申告書にマイナンバーを記載しないことを推奨しています。
 

【方法1】 平成28年1月以降に提出する扶養控除等申告書にマイナンバーの記載を省略するための条件(平成29年1月以後に提出する扶養控除等申告書も含みます)

あらかじめ別の方法で従業員等のマイナンバーを収集している場合には、以下の方法によりマイナンバーの記載を省略することができます。
 

  1. 給与支払者と従業員との間でマイナンバーを記載しない旨の合意がある
  2. 従業員が扶養控除等申告書の余白に「マイナンバー(個人番号)については給与支払者に提供済みのマイナンバー(個人番号)と相違ない」旨記載する
  3. 給与支払者において、既に提供を受けている従業員等のマイナンバー(個人番号)を確認し、確認した旨を扶養控除等申告書に表示する
  4. 給与支払者において保有しているマイナンバー(個人番号)とマイナンバー(個人番号)の記載が省略された者に係る扶養控除等申告書については、適切かつ容易に紐付けられるように管理しておく
詳しくは、国税庁ホームページをご確認ください。

【方法2】平成29年1月以後に提出する扶養控除等申告書にマイナンバーの記載を省略するための条件

給与支払者が扶養控除等申告書などの一定の税務関係書類の提出を受けて作成した従業員等のマイナンバー(個人番号)等が記載された帳簿を備えていることでマイナンバーの記載を省略することが可能です。

 

【一定の税務関係書類】

  • 給与所得者の扶養控除等申告書
    (【方法1】で回収した「相違ない」旨の記載がされた扶養控除等申告書も含む)
  • 従たる給与についての扶養控除等申告書
  • 退職所得の受給に関する申告書
  • 公的年金等の受給者の扶養親族等申告書
 
詳しくは、国税庁ホームページをご確認ください。

『弥生給与(やよいの給与計算)17 平成28年分 年末調整対応版』の提供

『弥生給与(やよいの給与計算)17 平成28年分 年末調整対応版』は、2016年11月中旬以降にオンラインアップデートでの提供を予定しています。
 

 

ユーザー登録がお済みでない方はこちらからご登録ください。

あんしん保守サポートガイドPDFダウンロード

お気軽にお問い合わせ下さい!

間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください
IP電話局番 050 をお忘れなく!!
カスタマーセンター050-3388-1000(IP電話)受付時間 9:30~12:00 / 13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

お問い合わせの前に「お客様番号」をご準備いただくとスムーズなご案内が可能です。 Web、メールでのお問い合わせはこちら

サポートお申し込み

「あんしん保守サポート」お申し込みはこちら

ユーザー登録がお済みでない方はこちら