CSR

弥生は、「弥生会計」で培ってきた、「スモールビジネス支援」と「会計教育」のノウハウを活かし、下記の取り組みを通じて社会の持続的な発展に貢献していきます。

スモールビジネス支援

地方創生支援

2011年から「東北復興応援活動」を開始。現地の商工会議所や商工会に多大なご協力をいただきながら、弊社ソフトの無償提供や、製品の使い方やお金の大切さをテーマにしたセミナーなどを中心に、事業者や起業家に向けて活動を行ってきました。また近年は、地方創生支援へも活動の幅を広げ、各地域に根付いて活動を行っている起業家支援団体や企業と連携し、東北はさらに密に、その他の地域へも取り組みの幅も広げています。

起業家支援

起業を考えている方や起業間もない方向けに、各所でのセミナー、Webサイト、製品無償提供などを通じて起業家の会計や経理を支援する活動を行っています。

また単独の取り組みだけでなく、弥生の会計事務所ネットワーク(弥生PAP)の先生方、さまざまな起業家支援団体や企業と連携してイベントの共催や協賛も行っております。2017年からはStartup Weekend Japanの年間スポンサーも務め、起業・新規事業立ち上げを支援しています。

教育支援

会計教育の普及

会計を実務として活用できる人材育成を目的に、カリキュラムと「弥生会計」をセットにした教育支援プログラム「弥生スクール」を提供しています。現在、商業高等学校を中心に会員校として239校(2020年6月末現在)に実際に授業で活用いただいています。2016年より、商業高等学校生のインターンシップ受け入れも行っています。

IT教育支援

NPO法人ITジュニア育成交流協会は、ITエンジニアを目指す児童・青少年が意欲をもって目標に向かって元気に活動できるよう、関連する専門家や各種教育機関、IT関連企業、研究機関と連携しながら、彼らに夢と希望を与える支援活動を行っている団体です。
弥生はこの趣旨に賛同し、法人会員としてITコンテストの支援、「BCN ITジュニア賞」の運営、リユースPC寄贈斡旋プログラムの実施、U-16プログラミングコンテストの全国展開などを通じて、明日の日本を担う「ITジュニア」を支援しています。

弥生株式会社
カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

間違い電話が増えております!以下の点にご注意ください

  • IP電話局番「050」の押し忘れ
  • 外線「0」発信は「0」の押し忘れ

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ご回答は翌営業日中に
    メールまたはお電話でお答えいたします。