はじめての青色申告体験記 第1回「ゼロからのスタート」|

はじめての青色申告体験記

はじめての青色申告体験記

お金をきっちり分けること

穴澤
えーと、では先生、具体的には何から、どうすればいいのでしょう。

吉田先生

そうですね、まず仕事用のお金とプライベート用のお金をきっちり分けてください。とはいっても、財布を常にふたつ持ち歩くのは無理があるし、面倒なので、少なくとも銀行口座くらいは仕事用とプライベートで分けてください。できれば、仕事用のクレジットカードをひとつ作って、経費は全部そのカードで支払うというのも便利です。あと、安いのでいいですから、金庫をひとつ買ってください。そこに仕事で使うお金を入れて、経費はそこから出す。まずはここからやらないと、会計ソフトを入れても、結局めんどくさくなって途中でやめちゃいますよ。

穴澤
たしかにおっしゃる通りです。今まで、ギャラが入る口座から適当に自分が使う分だけ引き出しては、領収書をもらって、箱の中にぶちこんでいただけですから…。それじゃ、たしかに駄目ですよね。

吉田先生

仕事とプライベートでお金をきっちり分けることのもうひとつの重要性は、売上管理や、目標が立てやすいということです。全部ごちゃまぜにしていると、自分がいくら稼いでいるのか、今月は先月に比べてどうなのか、どんどんわからなくなっていくでしょう。フリーランスということは、個人事業主でもあるので、売上目標も立てないといけません。ただ仕事をして、入ってきたお金で生活する、それではやはりいけないと僕は思いますね。

穴澤
まさに、その通り…。僕自身、今年はこれくらいの年収だったなというのは年末にわかる程度で、来年いくらくらい稼ぎたいなと思っても、毎月入ってくる金額もまちまちなので、把握できていません。このままじゃあいけないとは、前々から思ってはいたんですが、なるほど、自分のいい加減さがよくわかりました…。

個人事業として意識をChange

吉田先生

だから青色申告をすることで、フリーランスの方も、自営業の方もそれなりにメリットはあるわけです。会計ソフトは入力の手間や計算を手助けしてくれますが、勘定科目の分類や入力は自分でやらなければなりません。何度も申し上げていますが、自分が事業主である、これから売上を上げるのだという意識が重要なのです。

穴澤
わかりました。
(青色申告の話を聞きにきて、あわよくば会計ソフトの使い方くらいまで教えてもらおうと思っていたのに、その前の段階で自分の駄目さ加減に気付かされてしまった…。)

吉田先生

今日お話した内容で、穴澤さん自身の意識が変わったなら良かったと思います。ただ、やみくもに青色申告したら65万円の控除があってメリットはあるんだ、というのとは少し違うというのは、おわかりいただけましたよね? もちろんメリットはあるんですよ。ただ、それだけに惹かれてやっても挫折しちゃいますからね。そこはご自分でしっかり考えて、やっていただければと思います。

うーん。吉田先生のいっていることはごもっともだ。なんだかすごくためになりました。これまでの自分はお金にいい加減すぎる…。仕事もプライベートもごちゃごちゃで、これじゃあいけない。うん、ちゃんとやろう。 おっと、肝心の会計ソフト導入のところまで行けなかった。すみませんが、つづきはまた次回。

今回勉強したこと
    ビジネスとプライベートでお金をしっかり分けて管理する!
  • 財布を2つに分ける!無理なら銀行口座を2つに分ける
  • 仕事用のクレジットカードを作る
  • SuicaやPASMOなどオートチャージされるクレジットカードは交通費精算で便利
    何のために青色申告をするのか意識を持つ!
  • そもそも確定申告は納税のため。個人事業主の義務!
  • 自分が今月どのくらい稼いでいるかを知る、先月と比べてどうかを知る。
  • 個人事業主としてキチンと売り上げ目標設定をする
    青色申告をするといろいろメリットがある!
  • 最高65万円の控除が受けられる(本当は奥さんがいたらもっと節税になったんだけどな…)
  • ほかにもなんだか色々メリットがある、らしい…
 | 

はじめての青色申告体験記

  1. 第一回 準備編
  2. 第二回 インストール編
  3. 第三回 取引入力編
  4. 第四回 決算編
  5. 最終回 提出編