実録!弥生会計導入体験レポート 第4回「弥生会計でできる資金繰り管理」

第4回「弥生会計でできる資金繰り管理」

部門管理で案件ごとの利益を把握することも、資金繰りの大切な基盤づくり

大塚さん

最近は売掛・買掛という基本の部分以外にも、案件ごとにひもづいた収支を従来以上に細かく把握して、案件ごとの採算性をさらに詳細にみていきたいと考えています。売上だけでなく利益も細かく見る方法はありますか?

宮原先生

前回も少しだけご紹介しましたが、弥生会計には「部門管理」という機能があります。この機能を使うと、売上や経費を部門やプロジェクト単位で管理・集計できるようになります。この結果、各部門や各プロジェクトにどれだけ経費がかかって、収益率はどれくらいかといったことがらを詳細に見られるようになります。もちろん案件ごとだけでなく、映像制作とイベントといった部門ごとの把握もできます。まさに「売上だけでなく利益を見る」には最適の機能といえるでしょうね。

大塚さん

今までも案件ごとに、ある程度これぐらいの利益っていう見込みは立ててやっていましたが、これなら利益率や採算を簡単に把握できそうですね。限られた人員でどうやりくりし、効率よく仕事をこなすためにはどうすれば良いのかということは常々考えていますので、この機能を使うことで管理しやすくなるかもしれません。

銀行からの融資をスムーズにする

大塚さん

これから会社をさらに成長させていくうえで、より良い資金繰りのアドバイスがあれば教えていただけますか。

宮原先生

一般に売上が伸びると資金繰りがラクになると思っている人も多いですが、成長段階ではむしろ手元資金は厳しくなることが多いのです。特に在庫を抱えて商売をする人なら、まず先に仕入れるお金が必要になります。その持ち出し分の運転資金をしっかり予測した上で、足りないところは借り入れをするといった手当が必要になります。長い眼で見れば黒字にはなるのはわかっていても、入金のタイミングや支払いサイトのズレを乗り切るまでの運転資金をどうまかなうのか、そのために資金に余裕があっても借金をするのは決して悪いことではありません。

大塚さん

いわゆる黒字倒産ってヤツですよね。なるほど、銀行から融資をスムーズに受けるためには、月次の損益推移や資金繰り状況などを把握して、書類を提出する必要があるんですね。当面は予定していませんが、たとえば今後事業拡大とか新しいビジネスを始める際に融資を受けたい場合、何か他に心がけることはありますか?

宮原先生

せっぱ詰まってから融資の話を頼みに行っても、まず会社の内容が見えていないという点で金融機関の側が不安ですし、そんなタイミングで言ってくること自体、経営の甘さとして査定の中で見られてしまいかねません。弥生会計にきちんと入力しておけば、そうした心配をする必要はなくなるでしょう。ただ、1つアドバイスを加えておくと、金融機関は決算書の数字そのものを見る(定量分析)ほかにも、経営者を面接して経営姿勢を見る(定性分析)ことをします。数字と人との両方で見られるということを忘れないでおいてください。

実際に入力している様子。大塚さんは主にノートPCにテンキーをつないで作業しているという。

前回は入力が大変でしたが、おかげで今回は資金繰りに使える表を作成できました。また、憶えておきたい資金繰り対策のポイントまで学ぶことができたので、その点は実務に役立てていこうと思います。宮原先生ありがとうございました。

※「資金繰り表」「部門管理」は弥生会計プロフェッショナルまたはネットワークのみ対応しています
● 弥生会計の画面中の金額、取引先名はサンプルです
● Mac OS上でWindows OSを動作させるシステムでWindows OSが正常に動作し、かつ推奨する動作環境を満たしていれば、弥生会計は動作します。(ただしMac環境での利用は推奨していません)

辞書を簡単に充実させる方法

経費の入力などをしていると、同じお店の領収証が複数あり、摘要欄に店名や内容をそのつど入力しなければならず、イライラしたことはないでしょうか。弥生会計には、決まった単語や文言を登録しておいて、必要なときに瞬時に呼び出す「辞書機能」があります。辞書には「仕訳辞書」、「伝票辞書」、「摘要辞書」などの種類がありますが、この中でも意外と使われていない便利な辞書が「摘要辞書」です。

まずは登録の仕方です。出納帳などの摘要欄に入力していて、「このお店はまた出てくるな」と思ったときは、摘要欄で右クリックして「摘要辞書へ登録」を選択してください。「摘要辞書の新規追加」画面が出るので、そこで対応させたい勘定科目と、単語を呼ぶときのふりがなであるサーチキーを設定して「登録」をクリックします。

次に辞書の呼び方です。摘要欄で[F4]キーを押します。このときに必要な単語を探すには、設定したサーチキーで絞り込みます。この辞書を活用すると、入力の手間は相当短縮されるでしょう。

資本金: 300万円
代表者: 影山二郎
創業: 2003年1月
所在地: 東京都渋谷区千駄ヶ谷2-2-7
事業概要: 映像の企画制作、およびWeb制作、ならびにイベントの企画運営
URL: http://www.unou-jikenn.com/

右脳事件は「広告の機能美」を、従来までの広告業界の枠に捕われることなく、 純粋に追求していきたいとの思いから2003年に結成されたクリエイティブユニット。 アイディアの着想からその実現に至るまでのすべてのプロセスを、映像、音楽、デザイン、 イベントといった各分野のエキスパートが自由な発想のもと、 ひとつ屋根の下で集中的に作り上げるというコンパクトな制作スタイルをとることで、 「クライアントのメッセージがダイレクトに伝わる」ピュアで力強い広告表現を追求している。

 | 

  1. Vol.1 手間のかかる経理作業からの脱却を目指せ!
  2. Vol.2 いよいよインストール、そして導入設定へ
  3. Vol.3 勘定科目を設定、取引入力をいよいよ開始
  4. Vol.4 弥生会計でできる資金繰り管理
  5. Vol.5 会社がもっと儲かる改善提案!

  1. 元プロMTBライダー竹谷さんの青色申告 初挑戦
  2. 建築家 葛原さんのベテランの青色申告