トップ > 合格者の声 > ふだん仕事で使っている弥生会計のレベルを、弥生検定で試してみたかった

合格者の声

ふだん仕事で使っている弥生会計のレベルを、弥生検定で試してみたかった

大川 英明(おおかわ ひであき)さん
40歳・ジャパンブリッジ株式会社 経理課 課長

■ 弥生検定を受験した動機を教えてください。

社会人になってからずっと経理の仕事をしているのですが、自分のスキルを上げるために日商簿記2級やITパスポート試験など、さまざまな資格・試験に挑戦しているのです。いろいろとチャレンジするのが好きなので(笑)。
仕事では10年以上、弥生会計を使っています。弥生会計は最初に人からちょっと使い方を教わり、その後は解説本を読んだりしたのですが、ほとんど独学だったのです。ですから、弥生検定でそのレベルを試してみたくなったのです。

■ 受験前にどんな準備をされましたか?

業務でいつも弥生会計を使っていますし、ずっと経理の仕事をしてきたので、ほとんど何も準備はしませんでした。ぶっつけ本番で受験したら、たまたま受かってしまったのです(笑)。
今は弥生検定のテキストが発売されているので、事前に一度目を通しておいたほうがいいかもしれませんね。

■ 弥生検定を受験したときの感想をお聞かせください。

画面を使って解答する形式の試験でしたが、他にも同様の試験があり、これに関しては特に戸惑うことはありませんでした。ふだん弥生会計を使っている人なら、問題なく操作できるはずです。
特に実技問題のほうは、入力して値を求めるというものでしたので、意外と苦もなく早くできてしまいました。
あと、知識問題のほうも、経理の知識がある程度身に付いていれば解ける問題でした。実務で経理をやっている人なら、そんなに難しくはないとは思います。
ただ、私のときの採点は、税法関係の問題があまり正解率がよくなかったので、それがちょっと難しかったという記憶があります。
それと、このように結果がすぐ分かるのっていうのは魅力的です。やはり何カ月も待つっていうのはちょっとキツイですからね。採点内容が詳しく分析されているところも良いと思います。

■ 弥生検定を受ける方へのアドバイスをお願いします。

試験当日の時間配分ですが、実技問題に時間をかけたほうがいいと思います。私も意外と時間が取られました。
知識問題のほうは、知っているかどうかが試される試験で、しかも選択制なので、分かる問題ならサクサクと答えることができます。
私の場合、60分のうち最初の半分くらいを実技問題に使い、それから知識問題に臨みました。後で見直す時間もかなりあったので、いい配分だったと思います。

■ 弥生検定合格をどのように生かしていこうと思っていますか?

私の場合は、自分のスキルをさらに上げたいというのもこの弥生検定を受けた理由の1つで、就職とか転職のためにこの検定を生かしていこうとは考えていません。私と同じように実務で経理の仕事をされている人は、この検定を「知識レベルの確認」ということで受けてみたらいかがでしょうか?
今年は給与の検定が予定されているそうですが、弥生給与はいつも使っているので、こちらもぜひ受けてみたいです。給与計算の資格っていうのは他にはあまりありませんからね。ふだん弥生給与を使っている人なら、その操作や知識のレベルを確かめてみたい人は多いはずです。
会計の検定もそうですが、パソコンを使った実技の試験っていうのもいいと思います。民間の検定というのいうのは、ほとんどがペーパーでの試験ですから。

ページトップに戻る

お申し込み

まず受験者登録を行ってください。
団体割引受験チケット をお持ちの方もこちらからお申し込みください。
弥生検定は、株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズにより管理・運営されています。

  • 受験者登録はじめての方
  • ログイン登録済みの方

お問い合わせ

お申し込み

弥生検定は、株式会社シー・ビー・ティ・ソリューションズにより管理・運営されています。

  • 受験者登録はじめての方
  • ログイン登録済みの方

団体割引受験チケット をお持ちの方もこちらからお申し込みください。

  • 試験会場一覧はこちら
  • 検定試験科はこちら