法令改正情報

2022年06月14日
icon_update

2022年(令和4年)度 雇用保険料率改定のご案内

2022年06月14日 更新 「『弥生給与 22』『やよいの給与計算 22』の対応について」を更新しました

『雇用保険法等の一部を改正する法律』の施行により、2022年(令和4年)度の雇用保険料率が改定されます。
改定は、2022年(令和4年)4月と10月に段階的に行われます。
 

改定内容

<適用開始>

2022年(令和4年)4月1日(0.51000引き上げ)
2022年(令和4年)10月1日(4.01000引き上げ)
 

<改定となる保険料率>

雇用保険料率
 

<改定内容>

■ 改定前
2022年(令和4年)3月まで

事業の種類 一般事業所 農林水産業
清酒製造業
建設業
被保険者負担率 3.0/1000 4.0/1000 4.0/1000
事業主負担率 6.0/1000 7.0/1000 8.0/1000
雇用保険料率(合計) 9.0/1000 11.0/1000 12.0/1000

下矢印

■ 改定後
2022年(令和4年)4月~9月:被保険者負担率は据え置き、事業主負担率のみ「0.5
1000」引き上げ

事業の種類 一般事業所 農林水産業
清酒製造業
建設業
被保険者負担率 3.0/1000 4.0/1000 4.0/1000
事業主負担率 6.5/1000 7.5/1000 8.5/1000
雇用保険料率(合計) 9.5/1000 11.5/1000 12.5/1000

下矢印

 2022年(令和4年)10月以降:被保険者負担率、事業主負担率ともに「2.0/1000」引き上げ

事業の種類 一般事業所 農林水産業
清酒製造業
建設業
被保険者負担率 5.0/1000 6.0/1000 6.0/1000
事業主負担率 8.5/1000 9.5/1000 10.5/1000
雇用保険料率(合計) 13.5/1000 15.5/1000 16.5/1000

※ 改定内容の詳細は、厚生労働省ホームページの令和4年度雇用保険料率のご案内を参照いただくか、所轄の都道府県労働局にご確認ください。
 

労災保険料率について

2022年(令和4年)度の労災保険料率は、前年(2021年)度の料率から改定はありません。
詳細は所轄の都道府県労働局にご確認ください。
業種ごとの料率は厚生労働省ホームページの労災保険率表(平成30年度~)をご確認ください。
 

労働保険の年度更新について

労働保険の年度更新に関わる保険料の計算方法や、申告書の作成方法などの詳細は、厚生労働省ホームページの「労働保険年度更新に係るお知らせ」を参照してください。

 

『弥生給与 22』『やよいの給与計算 22』の対応について

令和4年度 労働保険年度更新の参考資料となる[労働保険料集計表(※)]に対応したプログラム『弥生給与(やよいの給与計算) 22 Ver.25.2.1』をオンラインアップデートにて提供しています。
対応内容やアップデート方法などの詳細は、弥生給与(やよいの給与計算) 22 Ver.25.2.1をご提供しますをご参照ください。
※[労働保険料集計表]は弥生給与のみの機能です。

なお、雇用保険料率の変更は[給与規定]で行います。

料率変更の手順については、令和4年度 雇用保険料率を変更するタイミングを参照してください。

 

『やよいの給与明細 オンライン』での対応について

会社情報で「自動計算」を選択している場合、自動的に新しい保険料率が適用されます。
詳細は、「雇用保険料率が新しい料率になっています」が表示されるを参照してください。

過去の更新履歴

2022年04月06日 更新 「労働保険の年度更新について」を更新しました
2022年03月30日 公開

この記事は役に立ちましたか?

本件に関するお問い合わせ※ 事前に「法令改正情報に関する免責事項」をご確認のうえ、お問合せください。

弥生株式会社 カスタマーセンター

弥生が提供する製品、各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら