• トップ
  • 軽減税率対策補助金の対象製品について

軽減税率対策補助金の対象製品について

「弥生販売 19」と「やよいの見積・納品・請求書 19」は”軽減税率対策補助金”の対象です「弥生販売 19」と「やよいの見積・納品・請求書 19」は”軽減税率対策補助金”の対象です

「弥生販売 19」と「やよいの見積・納品・請求書 19」はC型(請求書管理システム)の登録製品です。
軽減税率に対応する製品の購入をご検討のお客さまは、ぜひこの機会に補助金制度をご活用ください。

  • 軽減税率対策補助金事務局のホームページに掲載されている公募要領をご確認の上、製品をご購入ください。
  • 申請手続きについては、軽減税率対策補助金事務局 申請窓口へお問い合わせください。

軽減税率対策補助金とは?

消費税軽減税率制度(複数税率)への対応が必要となる中小企業・小規模事業者等の方々がシステム対応を行うにあたって、その経費の一部を補助する制度です。

軽減税率対策補助金についての詳細は、軽減税率対策補助金事務局のホームページ 新しいウィンドウで開くをご覧ください。

「弥生販売 19」と「やよいの見積・納品・請求書 19」はC-2型の登録製品です

「C-2型」とは

軽減税率に対応するために必要となる請求書管理システムについて、中小企業・小規模事業者が自ら購入・導入を行う場合を対象とした補助区分です。

C-1型 請求書管理システム システム改修・導入型 C-2型 請求書管理システム ソフトウェア自己導入型 軽減税率に対応するために必要となる区分記載請求書等保存方式に対応した請求書管理システムのソフトウェアを、中小企業・小規模事業者等が自ら購入・導入を行う場合の支援制度です。 C-3型 請求書管理システム 事務機器改修・導入型

補助金の申請要件

  • 中小企業・小規模事業者であること
  • 事業者間で日ごろから軽減税率対象商品を取り扱い、請求書を発行していること
  • 軽減税率に対応するため請求書管理システムを改修・導入する必要があること

補助対象経費の範囲と補助率

補助対象経費

やよいの見積・納品・請求書 19

弥生販売 19

請求書の発行に最低限必要なハードウェア(プリンター、パソコン)の購入費
補助金額 購入金額の
3/4

購入金額の
1/2 × 3/4

  • 弥生販売は補助対象範囲外の機能を含むため、購入費用の1/2を補助対象経費とし、これに補助率3/4を乗じます。
購入金額の
1/2
補助金上限額 なし なし 10万円
1事業者あたり 150万円
  • 注)
    弥生の「あんしん保守サポート」の料金は補助対象外です。

例)「やよいの見積・納品・請求書 19」を5,000円で購入した場合

購入代金:5,000円 → 実質負担額:1,250円

75%補助されます!

例)「弥生販売 19 プロフェッショナル」を新規導入した場合

購入代金:77,200円 → 実質負担額:48,350円

約38%補助されます!

C-2型の補助金交付申請について

申請の流れ

製品の購入・導入 → 補助金交付申請書作成・提出 → 確定審査結果通知 → 補助金受取
  • お客さま自身で申請していただく必要があります。
  • 申請手続きについては、軽減税率対策補助金事務局 申請窓口へお問い合わせください。

補助対象となる期間

製品の購入・導入 2019年1月1日~2019年9月30日
補助金の申請

2019年12月16日(消印有効)まで

  • 補助金交付申請書の提出は、システム導入完了、支払完了後、速やかに行う必要があります。

申請書

軽減税率対策補助金事務局のホームページのこちらのページ 新しいウィンドウで開くから取得できます。

  • その他の提出書類については、軽減税率対策補助金事務局のホームページに掲載されている公募要領をご確認ください。

関連サイト

軽減税率対策補助金

弥生株式会社
カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

  • 間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください
    IP電話局番 050 をお忘れなく!!

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ご回答は翌営業日中に
    メールまたはお電話でお答えいたします。