トップ > 導入事例 > 竹内総合会計事務所

  • Check

導入事例

パッケージソフトを勧めにくい個人経営の店を対象
業務の効率化が図れ、
スピーディーなアドバイスも可能になった
竹内総合会計事務所(大阪市西区)
所長 竹内友章氏
設立年度 2003年1月
事務所規模 11名
得意業種 家電関係の小売、不動産をはじめとするサービス業全般
顧問先数 約170社
※「やよいの店舗経営 オンライン」のことを、すべて「このサービス」と表現しています。

導入先について


「起業される方にもお勧めしたい」と語る所長の竹内友章さん
経営者が自分で経理をやっている店舗などへ勧めたい
エクセル感覚で入力できるので、パソコン初心者にもやさしい
――どのような顧問先に導入を勧めているのですか?

規模が小さな個人経営の店には、パッケージソフトはなかなか導入を勧めにくいのです。また、そのような店だと経理専門のスタッフもいないし、経営者が自分で経理をやっているのが実情です。
ですから、このサービスは、そんな店舗の経営者にお勧めしたいですね。エクセルの感覚で入力できるので、パソコン初心者にも簡単に操作できます。 あと、最初からこのサービスを使っていただきたいので、新たに起業されたところにも提案したいです。

会計事務所にとっての利点


竹内総合会計事務所の所内
「半自計化」により業務の効率化が図れる
確定申告のときもスピードアップにつながる
――会計事務所にとってはどんな効果があるのでしょうか?

記帳代行をしている顧問先もあるのですが、その場合、入力やチェックなどでとても時間がかかります。このサービスの「半自計化」という考えはとてもいいと思います。入力は顧問先で行うので、何よりも事務所の業務がスピードアップします。
また、確定申告のときには、仕訳科目のチェックに結構時間がかかるのですが、このサービスならとても早くできます。
「弥生会計 AE」へのデータ取り込みも簡単だし、スピードも早いです。

オンラインサービスのメリット


来訪された顧客に対応する竹内所長とスタッフ
訪問直前に最新のデータを確認できる
データ消失の心配もない
――オンラインサービスのメリットは感じていらっしゃいますか?

クラウドだといつでも、どこでも数字を確認することができます。ですから、顧問先を訪問する直前に最新のデータをチェックすることも可能です。
それから、訪問できないときでも、画面を見ながら電話でアドバイスすることもできますよね。僕はSkypeを使って顧問先とお話をすることがあるのですが、このサービスはそんなコミュニケーションの取り方にも向いていると思います。
あと、スタンドアローンだと、ハードディスクのクラッシュでデータが消えてしまうこともありますが、クラウドなのでそんな心配もありません。
導入した顧問先

他の導入事例を見る

ページトップへ