弥生の一括振込サービストップ > 特徴とメリット

コストダウン

便利な機能

使わない月があってもOK

簡単導入

コストダウン

安い振込手数料

振込手数料は1件あたり
製品ユーザー登録者 総合振込/396円(税込) 給与振込/247円(税込)
あんしん保守サポート契約ユーザ 総合振込/324円(税込) 給与振込/103円(税込)
振込は毎月必ず発生するので、継続してのコストダウンが可能です。

 

初期費用、月額基本料金など一切無料

都市銀では5万円~10万円もかかる初期費用が0円。
※インターネットバンキングでは、0円~5,000円かかります。

都市銀では月額5,000円~10,000円もかかる月額維持費用が0円。
※インターネットバンキングでは、1,000円~5,000円かかります。
初期費用、月額基本料が無料だからこそ、振込件数の少ない企業様でもメリットがあります。

 

組戻し手数料も無料

一般的には有償である組戻し手数料が無料です。
(特殊手数料を設定されている場合でも、組み戻しだけは優遇されていない場合が多くあります)

 

便利な機能

当日振込可能

“弥生の一括振込サービス”は午前11:30までに受け付けた振込の依頼を当日中に振込可能。
銀行の総合振込は前日までに処理が必要なことが多いため、イザと言う時に助かります。
また、本サービスは振込件数、金額の制限もありません。

 

入金前に振込予約ができます

振込指定日の何日も前に(1ヶ月前から送信可能)データを送信しても、振込資金のご入金は振込指定日の前日で大丈夫です。
したがって、余裕をもって作業が行えると共に、資金を効率的に運用していただけます。

 

振込依頼人名義も自由に設定可能。様々な名義で振込むケースにお答えします

■取引先コードを使用する取引。 ■破産管財人業務。 ■キャンペーン名をつけてのお振込。など、振込依頼人名儀を自由に設定できます。
例) 取引先の振込依頼人名の前に取引コードを入力して利用
00123 カ)フリコミショウジ
※給与振込は「キユウヨ」、賞与振込は「シヨウヨ」の表示となります。
 お客様の名義は印字されませんのでご注意ください。

 

データ送信時に銀行情報を自動チェック。振込失敗の削減

もう存在しない銀行や統廃合された支店などがデータに混在していたら自動的にチェックが行われます。

 

最新の金融機関情報が閲覧可能

最新金融機関情報(名称・コード)をWeb上で閲覧可能です。
※毎月20日頃にマスタ更新。

 

土日、祝日も振込予約が可能

金融機関窓口が休みの、土日・祝日でも振込予約作業を行うことができます。
※振込指定日は、金融機関営業日です。

 

使わない月があってもOK

利用回数に制限なし、使わない月があってもOK

取り合えず契約だけしておけば、イザと言う時にも安心です。

 

簡単導入

専用ソフトや機械の導入不要

インターネット(Internet Explorer)に繋がるパソコン(Windows)さえあれば、専用のソフトは必要ありません。
(サービス利用開始の為には、弥生製品でのユーザー登録が必須となっております)

 

取引銀行変更不要/EBの解約必要なし

新しく銀行口座を開設するわけではなく、振込用の口座を登録するだけです。
特に口座を変更するわけではありませんので、今までの金融機関様とも継続してお取引が出来ます。

 

EBデータの流用可能

使用中のファームバンキングソフトで今までどおりデータを作成。
そのデータを全銀形式でファイル変換しパソコンに保存。これを“弥生の一括振込サービス”に送信。
この様に既存のEBデータを簡単に流用できます。
※EBの種類によっては、ファイル変換機能の無いものがあります。

 

振込エラー発生時

Web画面上でもご確認いただけますが、FAXまたはメールにて振込不能のご連絡をさせていただきます。
※FAXまたはメールでのご連絡については、設定が必要です。
(ご連絡はさせていただきますが、義務は負っておりません。例えばFAXの異常で出力されない場合や、通信の異常でメールが送信されない場合があるかもしれません)