弥生の一括振込サービストップ > 仕訳データの取込

取込全体像

取り込み全体像

MoneyLook の起動と明細の書き出し

MoneyLook を起動して銀行明細を書き出す

1.
クイックナビゲータの[事業所データ]タブの[MoneyLook の起動]をクリックします。
2. [スタート]をクリックします。
3. MoneyLook 暗号化キーを入力します。 初めて使用する場合は、右下の[MoneyLook の登録・再登録]をクリックして、暗号化キーの登録を行います。
4.
「口座管理」タブ内、「総合取引明細」から取引明細情報を表示することができます。期間を指定して、明細照会ボタンを押してください。
5.
明細書出しボタンをせば、明細の書き出し作業は完了です

明細の取り込み

銀行明細の取り込み

MoneyLook から銀行明細ファイルを書き出したあと、弥生会計に切り替えると、自動的に[銀行明細取り込み]ウィザードが起動します。起動していない場合は、[ファイル]メニューの[銀行明細の取り込み]から[銀行明細取込]をクリックして起動します。

1.

事業所データのバックアップ先とバックアップファイル名を指定して[次へ]ボタンをクリックします。

 

明細取り込み前の事業所データをバックアップします。取り込み時のトラブルなどに備えてバックアップを行ってください。

2.

MoneyLook から書き出された「銀行明細ファイル」が表示されるので、取り込みを行うファイルを選択します。

 

[詳細]ボタンをクリックすると、選択中のファイルに関する情報を確認できます。

3.

前で選択した取り込み対象が表示されます。確認して、[実行]ボタンをクリックします。

 

銀行明細ファイルが取り込まれます。

※「銀行口座設定」と、「銀行口座マッチングリスト」に基づいて取込が行われます

 

 

補足 ~仕訳条件の設定~

銀行口座設定の修正

銀行明細口座に科目が割り当てられていない場合、銀行明細取り込み時に、新規登録ダイアログが表示されます。

1.
[編集]ボタンをクリックして、銀行口座に勘定科目を割り当てます。
2. すべての口座の科目の割り当てが終わったら、[登録]ボタンをクリックします。
 

銀行明細マッチングリストの設定

「明細摘要」の登録は、あらかじめ[銀行明細マッチングリスト]ウィンドウで行う他、明細取り込み時に行うこともできます。
 
1.

[ファイル]メニューの[銀行明細の取り込み]を選択し、[銀行明細マッチングリスト]をクリックします。

[銀行明細マッチングリスト]ウィンドウが表示されます。

2.

明細摘要の登録を行う銀行口座を選択します。

3.

[新規作成]ボタンをクリックします。

[銀行明細マッチングパターンの新規登録]ダイアログが表示されます。

4.

明細摘要名を入力して、残高や相手科目を設定します。

他の項目も必要に応じて設定、変更できます。

 
 
残高 この明細摘要の取引により銀行残高が「増加」するか「減少」す
るかを選択します。
相手勘定科目/
相手補助科目
この明細摘要の取引が発生した場合の相手科目を選択します。
相手科目がない場合は、先に科目を[科目設定]で登録する必要
があります。
部門 <部門を登録している場合>
取引を割り当てる相手部門を選択します。
摘要 仕訳の摘要欄に登録する摘要を入力します。
5.

[登録]ボタンをクリックします。