会社概要 プレスリリース

2016年12月21日

スマートフォンで撮影したレシート画像をそのまま「弥生会計」に取り込めるスマートフォンアプリ「弥生 レシート取込」リリース

~スモールビジネスのペーパーレス化を推進~

売上実績No.1注1の業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、平成28年(2016年)改正の電子帳簿保存法、スキャナ保存制度に対応した、レシート撮影スマートフォンアプリ「弥生 レシート取込」を2016年12月21日よりリリース注2します。

平成27年電子帳簿保存法の改正より、電子帳簿保存要件が緩和され、経理業務のペーパーレス化に関心が集まっています。弥生は、今年の1月に弥生会計ラインアップ(クラウドアプリケーション:弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン、やよいの白色申告 オンライン、デスクトップアプリケーション:弥生会計 17、やよいの青色申告 17)にスキャンデータ取込機能を搭載し、レシート・領収書をスキャナで読み取った画像からOCR(光学文字認識)処理によって自動で取引データを生成し、仕訳の入力までを一気通貫で自動化しました。
「弥生 レシート取込」は、レシートをスマートフォンのカメラで撮影し、画像データを弥生会計ラインアップに転送します。これにより、経費精算しなければならないレシートをスマートフォンで撮影すれば、会計ソフト側に取り込む注3ことが可能になります。また複数で利用できることから、経営者以外にも、営業担当者など外出の多い社員や、在宅勤務社員など従業員の経費精算業務も大幅に効率化することができます。
平成28年(2016年)改正の電子帳簿保存法、スキャナ保存制度に対応しており、所定の要件を満たすことでレシート(紙証憑)の破棄も可能注4になります。

弥生は今後もスモールビジネスの経理業務ペーパーレス化を推進していきます。

 

 


「弥生 レシート取込」スマートフォンアプリ概要

  弥生 レシート取込
価格 無料
iOS対応アプリ Android対応アプリ
公開日 2016年12月21日 2016年12月22日
バージョン 1.0.0 1.0.0
互換性 OS :iOS9.0以降
端末:iPhone 5以降
OS:Android4.1以降
ダウンロード
logo-appstore.png

logo-google-play.png

 

 

特長

  • いつでも、どこでも。支払ったその場で撮影ができるので、入力漏れを防げます
  • お手持ちのスマートフォンが使えるので、ダウンロードすればすぐ利用できます
  • 複数の従業員が利用することができます
  • 平成28年(2016年)改正の電子帳簿保存法、スキャナ保存制度に対応。所定の要件を満たすことで、レシート(紙証憑)を破棄できます

 

 

注1. デスクトップアプリケーション:全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,464店におけるソフト実売統計で、弥生は2015年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:17年連続受賞、申告ソフト部門:12年連続受賞)-株式会社BCN調べ
クラウドアプリケーション:クラウド会計ソフトの利用状況調査より(MM総研 2016年3月)

注2. Google Playは12月22日公開予定です
注3. 本アプリの利用には、あらかじめ「弥生会計 17」「やよいの青色申告」無料導入サポート・あんしん保守サポートへの加入か、「弥生会計 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」のサービス契約が必要となります。追加費用は不要です
注4. 電子帳簿保存法、スキャナ保存制度の対応には所轄税務署への申請・承認が必要です

 

※AppStoreは、Apple Inc.のサービスマークです。
※Google Playは、Google Inc.の商標または登録商標です。

 

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。