2010年11月09日

最新の業務パッケージ「弥生 11 シリーズ」を12月3日に一斉発売 弥生ユーザーだけでなく、経理業務に携わる全ての方と「知識・経験」の共有を目指す

売上実績No.1(注1)業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、「弥生シリーズ」の最新バージョンの業務パッケージソフト「弥生 11 シリーズ」のラインナップ(「弥生会計 11」「弥生販売 11」「弥生給与 11」「やよいの青色申告 11」「やよいの給与計算 11」)を、2010年12月3日(金)に一斉に発売致します。

「弥生会計 11」「やよいの青色申告 11」の最大の特徴は、これまでユーザーが蓄積してきた業務に関するノウハウを、製品を通して共有化することで、誰もが利用できるところにあります。個人事業主や中小企業の経理担当者は、経理業務を1人で担っていたり、他業務との兼任という場合が少なくありません。業務ソフトの初期導入や、導入後の運用で勘定科目や仕訳が分からない場合でも、その内容が専門的なことから、不安を抱えつつも業務を行っているのが現状です。

弥生では、今までも仕訳例を検索・参照できる「仕訳アドバイザー」を「弥生会計」「やよいの青色申告」に搭載していましたが、今回それをWeb化し、弥生ユーザー以外の方々にも広く公開します。この新しい「仕訳アドバイザー」には新たにソーシャル機能が搭載され、ユーザー同士で仕訳例の投稿や仕訳に関する質問・回答がWeb上でできるようになります。仕訳事例も従来の2.5倍に増やし、豊富な仕訳事例から仕訳を検索することが可能です。また、頻繁に発生する仕訳例や勘定科目を登録したテンプレートを、「弥生会計」「やよいの青色申告」の製品間で簡単に共有できるようにしました。弥生会計から、仕訳例や勘定科目が登録されたテンプレートを容易にエクスポートできるようになり、会計士・税理士は顧問先のために作成したテンプレートを顧問先へインポートして適用できます。また、弥生ユーザーが同業種の友人や知人に弥生会計を薦める際にも、それぞれの業種に特化したテンプレートを通じて、ノウハウも提供・共有できるようになります。専門的な経験・知識が求められる経理業務を、それぞれのユーザーなどが持っている経験・知識を共有化することで、初期導入や経理業務に対しての不安を取り除くことが可能になり、業務効率を一層高めることができるようになります。

今回、特に機能面においては、個人事業主の所得税確定申告の機能を全面的に改良しました(注2)。青色申告決算書や所得税確定申告書の提出用紙に、直接入力しているようなユーザーインターフェイスを新たに採用し、より「直感的」に決算書や申告書を作成することが可能となりました。未入力箇所や修正の必要な箇所が色分けして表示されるので、初めて青色申告を行う個人事業主も戸惑うことなく作成できます。また、「弥生給与 11」「やよいの給与計算 11」では、平成22年分の年末調整はもちろん、平成23年1月以降に適用される「扶養控除等の見直し」など、最新の法令改正にも対応しています。

「弥生サポート&サービス」では、サポートプランの種類を増やし、新サービスを追加するなど、メニューの拡充を行いました。

サポートプランでは、従来からの「ベーシックプラン」に加え、「弥生 10 シリーズ」より開始した「トータルプラン」の他に、新たに電話・メールサポートなどを除いて加入料金を抑えた「セルフプラン」をスタンドアロン製品(注3)に設定し、3種類のプランを用意しました。操作に限らずパソコンなど周辺機器のサポートも手厚くしてほしいという方は「トータルプラン」を、バージョンアップや法令改正には対応してほしいが、操作に不安はないのでその分コストを抑えたいという方は「セルフプラン」にするなど、それぞれのユーザーのニーズにあったプランを選ぶことができます。

新たに追加した主なサービスは以下の通りです。

「弥生 11 シリーズ」の新サービス

弥生の業務書籍ライブラリー
全てのプランの加入者が利用できるサービスです。株式会社インプレスジャパン刊行の「できる」シリーズのMicrosoft® OfficeやWindows®解説書が電子書籍で手軽に閲覧・検索ができるサービスです。このサービスは、インプレスジャパンが、大企業における情報システム部門の社内ITサポート負荷軽減のために開発したサービスでした。しかし、現在16万社が加入している「弥生サポート&サービス」のユーザー数を活かし、弥生が代表して契約することで、通常は大企業でしか利用できないようなサービスも新たに利用することができるようになります。
「コンシェルジュデスク」
このサービスは、トータルサポートの加入者向けのサービスです。熟練オペレーターが、ユーザーそれぞれの操作の問い合わせに対応します。今回はその第一弾として「操作サポート」におけるフリーダイヤル、業務に精通した専門チームへの着信、弥生の導入・運用を出張サポートする「弥生塾」の50%割引などのサービスを提供します。将来的には業務支援サービスにおける総合案内サービスとして展開していく予定です。
今後、弥生は業務における経験や知識を、弥生、ユーザー、そしてユーザー以外の皆さまとも広く共有することで、個人事業主、中小企業、起業家の業務支援を積極的に推進していきます。

  • 注1:全国の主要販売店2,327店舗におけるソフト実売統計で、弥生は2009年の年間最多販売ベンダーとして、2部門で最優秀賞を獲得(業務ソフト部門:11年連続受賞、申告ソフト部門:6年連続受賞)-株式会社BCN調べ
    全国約4000店の家電量販店販売実績を集計し、「パソコン用ソフト」カテゴリーから「業務ソフト」を抽出(2009年メーカー別販売数量シェアNo.1 5年連続受賞)-GfK Japan調べ
  • 注2:2011年1月下旬に提供開始予定の確定申告版からの対応となります。
  • 注3:ネットワーク製品は「トータルプラン」のみの設定となります。

ラインナップとメーカー希望小売価格

スタンドアロン製品(一部LAN対応製品を含む)
分類 製品名 価格(税込) 発売日
会計 やよいの青色申告 11 \10,500 12月3日(金)
弥生会計 11 スタンダード \42,000
弥生会計 11 プロフェッショナル \84,000
弥生会計 11 プロフェッショナル 2ユーザー \110,250
販売 弥生販売 11 スタンダード \42,000
弥生販売 11 プロフェッショナル \84,000
弥生販売 11 プロフェッショナル 2ユーザー \110,250
給与 やよいの給与計算 11 \19,950
弥生給与 11 \84,000
パック
製品
弥生会計 11 スタンダードバリューパック(販売)
(弥生会計 11 スタンダード + 弥生販売 11 スタンダード)
\63,000
弥生会計 11 スタンダードバリューパック(給与計算)
(弥生会計 11 スタンダード + やよい給与計算 11)
\54,600
弥生会計 11 プロバリューパック(販売)
(弥生会計 11 プロフェッショナル + 弥生販売 11 プロフェッショナル)
\126,000
弥生会計 11 プロバリューパック(給与)
(プロフェッショナル + 弥生給与 11)
\126,000
顧客 弥生顧客 10 ※10製品のまま継続販売 \31,500 -

ネットワークシリーズ
分類 製品名 for SQL
価格(税込)
with SQL
価格(税込)
発売日
会計 弥生会計 11 ネットワーク 3ライセンス \252,000 \278,250 12月3日(金)
弥生会計 11 ネットワーク 5ライセンス \378,000 \420,000
弥生会計 11 ネットワーク 8ライセンス \504,000 \567,000
弥生会計 11 ネットワーク 10ライセンス \630,000 \708,750
弥生会計 11 ネットワーク 15ライセンス \735,000 \850,500
弥生会計 11 ネットワーク 20ライセンス \840,000 \997,500
販売 弥生販売 11 ネットワーク 3ライセンス \252,000 \278,250
弥生販売 11 ネットワーク 5ライセンス \378,000 \420,000
弥生販売 11 ネットワーク 8ライセンス \504,000 \567,000
弥生販売 11 ネットワーク 10ライセンス \630,000 \708,750
弥生販売 11 ネットワーク 15ライセンス \735,000 \850,500
弥生販売 11 ネットワーク 20ライセンス \840,000 \997,500

※「with SQL」製品にはSQL Server® 2008 Standard Editionが同梱されています。

会計事務所会員(PAP)専用製品

分類 製品名 価格(税込) 発売日
会計 弥生会計 11 AE 12月3日(金)

※「弥生会計 11 AE」の基本ライセンス料(1ライセンス分)は、会計事務所会員「弥生PAP」の年会費に含まれており、会員以外へのライセンス提供はしておりません。

本件に関するお問合せ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号 [東京] 03-5207-8841 [大阪] 06-6613-7100
FAX番号 [東京] 03-5207-8850 [大阪] 06-6613-8173
受付時間:9:30~12:00、13:00~17:30
(土曜・日曜・祝日と弊社休業日を除く)