2011年06月23日

新製品「やよいの見積・納品・請求書 11」を7月8日に発売 買ったその日から誰でもかんたんにキレイな帳票が作れる

売上実績No.1※1業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、誰でも簡単に見積書や納品書、請求書などの帳票を作成できる新製品「やよいの見積・納品・請求書 11」を、2011年7月8日(金)に発売します。

「やよいの見積・納品・請求書 11」は、見積書や納品書、請求書、領収証などの帳票を、簡単かつきれいに作成できるパッケージソフトです。得意先や商品の登録といった導入作業が必要なく、すぐに目的の帳票にデータを入力し、印刷ができます。また、ユーザーインターフェイスもシンプルでわかりやすく、帳票印刷イメージそのままの入力画面で直感的に操作できるので、専門的な知識も必要ありません。今までパソコンで帳票作成をしたことがなく、手書きで作成している方でも簡単に見栄えの良い帳票が作成できます。

これまで表計算ソフトなどを使用した帳票作成では、過去の帳票を参照する際に、まずはファイルを探す必要があるなど面倒なものでした。しかし「やよいの見積・納品・請求書 11」では、こうした面倒な作業が不要なうえ、書式やレイアウトの変更、オリジナルデザインの作成なども、手間をかけることなく簡単に行えます。テーブル罫線の作成や、罫線の線種変更、フォントサイズの変更など、今までの帳票作成ソフトではできなかった、細かな編集まで可能なので、オリジナルデザインの帳票が作成でき、取引先への自社のアピールにもつながります。

「やよいの見積・納品・請求書 11」は、「弥生シリーズ」で培ってきた「かんたん、やさしい」をそのままに、従来の手書き、表計算ソフト、既存の帳票作成ソフトでは実現できなかった、帳票作成業務におけるお客様のニーズや利便性を追求した新製品です。

やよいの見積・請求・納品書 11の特長

  • ①見積書、納品書、請求書、請求明細書、合計請求書、領収証の基本テンプレートが13種類登録され、白紙にそのまま印刷できるので、一から帳票を作成する必要がありません。
  • ②帳票作成時に入力した得意先や商品情報が自動的に登録されるので、得意先や商品の事前の登録は必要ありません。
  • ③作成した帳票はPDF化し、そのままEメールで送信できるので、取引先への迅速な対応が可能です。
  • ④基本テンプレートをもとに、フォントのサイズや種類、背景色などを自由に設定して、自社のオリジナル帳票の作成や、取引先の指定伝票への対応ができます。
  • ⑤源泉徴収税額を自動計算でき、クリエイターなどのフリーランスや税理士などの士業の方々に最適です。
  • ⑥帳票を印刷すると、印刷済ボックスに自動でチェックが入るので、取引先へ送付する請求書などの帳票の印刷忘れが防げます。
  • ⑦納品書などの複数の帳票を合算して、請求書を作成できるので、一定期間の取引をまとめて請求する場合に便利です。

製品概要

やよいの見積・納品・請求書 11

画面イメージ

  • ※1:全国の主要販売店2,373店舗におけるソフト実売統計で、弥生は2010年の年間最多販売ベンダーとして、2部門でBCN AWARD最優秀賞を獲得(業務ソフト部門:12年連続受賞、申告ソフト部門:7年連続受賞)-株式会社BCN調べ
    全国約4000店の家電量販店販売実績を集計し、「パソコン用ソフト」カテゴリーから「業務ソフト」を抽出(2010年メーカー別販売数量シェアNo.1 6年連続受賞)-GfK Japan調べ

本件に関するお問合せ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号 [東京] 03-5207-8841 [大阪] 06-6613-7100
FAX番号 [東京] 03-5207-8850 [大阪] 06-6613-8173
受付時間:9:30~12:00、13:00~17:30
(土曜・日曜・祝日と弊社休業日を除く)