2011年09月13日

会計事務所向けパートナープログラム「弥生PAP」と協力し飲食業の「創業計画書作成無料相談」を開始 全国13都道府県の60の会計事務所で無料相談を実施

業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、起業支援、会計・税務支援を手掛けているパートナー会計事務所(「弥生PAP」)と協力し、飲食店の開業を目指す方を対象に、「創業計画書作成無料相談」を開始します。これは、全国13都道府県の60の会計事務所に直接、創業計画書の作成を相談することができるサービスで、個人の起業・独立・開業を支援する「弥生の開業応援プロジェクト」におけるサービス拡張の一環として行われます。
総務省の調べ(中小企業白書 2011)によると、1980年代後半より、多くの業種で廃業率が開業率を上回っています。特に「飲食店・宿泊業」においては、全体平均よりも高い開業率(7.0%)を維持していますが、一方で廃業率はさらに高い8.7%となっており、飲食店開業に関する厳しい現実を示しています資料参照。また、飲食業は開業資金として1000万~1500万円程度が必要と言われており、自己資金のみでまかなうことは難しく、開業時の資金調達も大きな課題となっています。このような状況において、飲食業を開業・事業継続していく為に、事業の設計書となる「創業計画書」の役割は重要になっています。
そこで弥生は、起業支援、会計・税務支援を手掛けているパートナー会計事務所(「弥生PAP」)と協力し、飲食業における創業計画書作成の無料相談サービスを開始することを決定しました。この相談サービスを利用希望の方は、弥生ホームページ上の特設ページより、相談したい会計事務所を選択し、各会計事務所のプロフィールページから、専用フォームや電話、メールで直接相談をすることができます。
  • 創業計画書作成無料相談
  • サービス開始日:2011年9月13日
  • 特設ページ      :創業計画書作成無料相談 特設ページはこちら
  • 弥生の開業応援プロジェクト
  • 弥生の開業応援プロジェクトはこちら
  • 弥生PAP
  • 「中小企業と個人事業者の支援」を目的に会計事務所とパートナーシップを組み、中小企業や個人事業者の経営をサポートするために2000年に設立されました※1。弥生製品に精通した弥生PAP会員(会計事務所)は、業務ソフトの活用法からコンサルティングなどのサービスを一貫して顧問先に提供しています。
  • ※1 2000年2月、「IPAP(Intuit Professional AdvisorProgram)」として発足、
    2003年より「弥生PAP」に名称変更
弥生株式会社では、今後も引き続き各種業種・業態の起業・独立・開業の支援をすすめるべく、コンテンツの拡充・サービスの拡大を図ってまいります。
資料:事業所・企業統計調査による業種別の開廃業率

本件に関するお問合せ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号 [東京] 03-5207-8841 [大阪] 06-6613-7100
FAX番号 [東京] 03-5207-8850 [大阪] 06-6613-8173
受付時間:9:30~12:00、13:00~17:30
(土曜・日曜・祝日と弊社休業日を除く)