医療費の領収書の入力を早く済ませたい方、ご必読ください! 世界で一番かんたんな方法で医療費明細を入力する 医療費の領収書の入力を早く済ませたい方、ご必読ください! 世界で一番かんたんな方法で医療費明細を入力する
  • 弥生会計(デスクトップアプリ)
  • 弥生会計(クラウドアプリ)
  • 決算・申告
  • 記帳代行
  • 自計化
  • 個人
  • 会計事務所の業務効率化
  • 顧問先の業務効率化
  • 便利機能の使い方

国税庁が提供するフォームを使って 弥生会計に取り込む方法

医療費控除を受けるために必要な「医療費控除の明細書」、どのように作成していますか?
医療費通知(医療費のお知らせ)がまったく手元に無い場合や、医療費通知(医療費のお知らせ)があっても、通知に記載されていない明細が多い場合は大変ですよね。

そんなときは、弥生会計に備わっている「医療費集計フォーム」を取り込む機能をフル活用すると効率的です。国税庁のホームページからダウンロードして入力するだけで、弥生会計にかんたん取り込めるんですよ。

そのフォームを顧問先に入力してもらうことができるなら・・・
会計事務所は入力だけでなく、領収証をやり取りする手間を無くすことができて、こんなに嬉しいことはありません。

「医療費集計フォーム」を使った弥生会計へのインポートを利用して、業務軽減にお役立てください!

「医療費集計フォーム」とは

支払った医療費の内容を表計算ソフト(Excelなど)で入力・集計するためのフォーマットです。
国税庁のウェブサイトで提供されています。
医療費の領収書が多い場合などに利用すると便利です。

図① 医療費集計フォーム

国税庁「医療費集計フォーム」のダウンロードページ 新しいウィンドウで開く

「医療費集計フォーム」をインポートする流れ

  1. STEP1

    「医療費集計フォーム」に明細を入力して保存します。

    拡大する 図② 明細の入力

    ファイルは上書き保存します。テキストファイルで保存する必要はありません。

  2. STEP2

    弥生会計製品の医療費控除の入力画面を開いて、「医療費集計フォーム」をインポートします。

    デスクトップ製品の場合

    拡大する 図③ 医療費控除の入力画面

    オンライン製品の場合

    メニューから直接[仕訳一括置換]ウィンドウから行う方法 拡大する 図④ 医療費控除の入力画面

以上のように、入力してインポートするだけなので、作業はとっても簡単! 今からすぐにでもご活用ください!

文責者:松岡弘美

この記事をシェアする
  • email
  • LINE
  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket

弥生株式会社 カスタマーセンター

03-5207-8857

受付時間 9:30~12:00/13:00~17:30(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます。)