法令改正情報

復興特別所得税が発生する取引の時期

いつ発生した取引に復興特別所得税がかかるのでしょうか。

前述のとおり、復興特別所得税は、平成25年から平成49年までの各年分の所得税が課税対象となります。従業員に対する給与などは、その給与を平成25年から平成49年の間に支払っていれば復興特別所得税がかかりますし、原稿料や講演料、税理士などの報酬については、その取引が平成25年から平成49年の間に行われていれば復興特別所得税がかかります。(表1を参照)

つまり、平成25年から平成49年までの間に、平成24年以前の取引にかかる源泉所得税を徴収したとしても、復興特別所得税はかからないのです。

そのため、平成25年の上期は平成24年の取引の支払いが多数発生する可能性があり、復興特別所得税がかかるもの・かからないものが混在するため、特に注意が必要になります。

(表1)

取引内容 例示 復興特別所得税の有無
1 給与や賞与 平成24年12月21日~平成25年1月20日までの
給与を平成24年12月25日に支払った
不要です
平成24年12月11日~平成25年1月10日までの
給与を平成25年1月15日に支払った
必要です
2 原稿料など 平成24年12月31日までに納品した 不要です
平成25年1月1日以降に納品した 必要です