やよいの青色申告 オンライン 確定申告かんたん解説! やよいの青色申告 オンラインなら、かんたんに確定申告書類の作成ができます! やよいの青色申告 オンライン 確定申告かんたん解説! やよいの青色申告 オンラインなら、かんたんに確定申告書類の作成ができます!

入力のヒント 家事関連費の按分

個人用と事業用の両方で使っているときの
経費計上の仕方を説明します

合理的な基準を決めて「按分」する

家事関連費とは、個人用と事業用の両方で使っていて、切り離せないお金の使い道のことです。具体的には、家賃や水道光熱費、ガソリン代、インターネット料金や携帯電話の料金などが該当します。
こうした費用を経費計上する際は、「按分(あんぶん)」をすることになります。按分とは、家事関連費を個人用と仕事用に区別することです。たとえば、家賃の場合は、仕事で使っている床面積の割合を基に按分するのが一般的です。仕事で使っているのが、全体の床面積の40%であれば、家賃の4割を必要経費として計上する、といった具合です。
この按分には、正式なルールはありませんが、税務署に按分の理由を聞かれたときに納得してもらえるような、合理的な基準を決めて行う必要があります。

おもな家事関連費

個人事業主の場合、下記のような費用は個人用にも仕事用にも使うことがあるでしょう。

家賃 水道光熱費 固定/携帯電話・インターネット料金 ガソリン代

決算書の作成前に家事按分を行う

「やよいの青色申告 オンライン」には、家事按分を簡単に行える機能があります。家事按分をしないことには、1年間の収入と支出を集計した青色申告決算書を作成できないので、「確定申告」メニューのステップ2「青色申告決算書の作成」で行います。
逆にいうと、取引の入力時には特に家事按分を意識する必要はありません。家賃や水道光熱費も支払った分をそのまま入力しておいて、いちばん最後に個人用と事業用に区別するという流れです。

引用書籍

本ページは下記書籍の内容を引用し、掲載しております。

個人事業主・フリーランスのための青色申告

発売:KADOKAWA
言語:日本語
発売日:2018/12/07

お問い合わせ

弥生が提供する製品、
各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら