やよいの青色申告 オンライン 確定申告かんたん解説! やよいの青色申告 オンラインなら、かんたんに確定申告書類の作成ができます! やよいの青色申告 オンライン 確定申告かんたん解説! やよいの青色申告 オンラインなら、かんたんに確定申告書類の作成ができます!

消費税の設定をする

消費税を納める義務

消費税を納める義務は過去の売上で判定します。
そのため、事業をはじめたばかりの方は原則として必要ないでしょう。
条件に合致し、「課税事業者」になった場合、消費税の設定が必要です。

2年前と1年前の上半期:「2年前」または「1年前の上半期」、どちらかの売上が1000万を超えると「課税事業者」になる。 今年:支払うのは「今年の売り上げ」に対する消費税
  • 「1年前の上半期」の判定については、上半期の売り上げに代えて、上半期に支払った給与の額で判定することもできます。

消費税額の計算

消費税額の計算には「本則課税(原則課税)」と「簡易課税」があります。
本則課税は「売上にかかる消費税」から、「仕入れなどで支払った消費税」をきっちりと差し引く方法です。
簡易課税は業種ごとの「みなし仕入率」を使って簡単に消費税額を割り出せます。
ただし、簡易課税を選択できるのは2年前の売上が5,000万円以下の事業者で、事前に「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出している必要があります。

本則課税 取引ひとつずつの消費税を集計
簡易課税 「みなし仕入率」でざっくり計算

「本則課税」を選択した場合、支払った消費税額の集計方法(仕入れ税額控除方式)を「比例配分」と「個別対応」から選ぶ必要があります。
どちらが節税になるかは事業内容によりますが、一般的には「個別対応」の方が節税効果が高いものの記帳が大変です。
詳細は設定画面で確認できます。

個別対応方式と一括比例配分方式の違い 新しいウィンドウで開く

設定方法

画面左側、設定メニュー>全体の設定>消費税の設定から、設定を行ってください。
設定を変更した場合、一度ログアウトが必要です。

①消費税の申告義務 免税事業者/課税事業者のいずれかを選択 ②課税方式 課税事業者の場合は課税方式を選択(一般/簡易) ③仕入税額控除 課税事業者の場合は仕入税額控除方式を選択(比例配分/個別対応) ④経理方式 課税事業者の場合は経理方式を選択(税込/税抜)

よくわからないときは?マークをクリック

どちらを選択したら良いかわかりにくい項目は、画面の[?マーク]、または[開く]をクリックしてください。
それぞれの違いやメリット・デメリットを確認できます。ご自身に合った方式をご選択ください

消費税の設定は取引の入力前に

取引入力後に「消費税設定」を行っても、入力済みの取引には設定が反映されません。
入力し直すことのないよう、必ず事前に設定をしてください。

設定の詳細

消費税の帳簿付けには「税込経理」と「税抜経理」があります。税込とは本体価格と消費税の合計で記帳する方法で、税抜とは本体価格と消費税を別々に分けて記帳する方法です。
「やよいの青色申告 オンライン」では「税込経理」と「税抜経理」を自由に設定できますが、簡単な税込経理がおすすめです。
税込経理の場合、納めた消費税は「租税公課」として入力します。また、「免税事業者」は「免税」の設定で、消費税を気にせず入力できます。

引用書籍

本ページは下記書籍の内容を引用し、掲載しております。

個人事業主・フリーランスのための青色申告

発売:KADOKAWA
言語:日本語
発売日:2018/12/07

お問い合わせ

弥生が提供する製品、
各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら