起業・開業ナビ

機能紹介弥生のかんたん会社設立

弥生のかんたん会社設立 ご利用の流れ

①必要事項の入力:会社設立書類に必要な情報を案内されるフォームに沿って入力します。②登記手続:電子定款の依頼や出資金の払込、設立登記申請を行います ③登記後の手続:税務署や年金事務所などに提出する書類を作成します ④事業開始準備:法人口座の開設や会計ソフトの導入を検討します

①必要事項の入力

会社名や事業目的・連絡先情報など、会社設立書類に必要な基本情報を入力いただきます

  • 会社名
  • 会社本店住所/連絡先
  • 取締役会情報
  • 役員/株主情報
  • 事業目的
  • 株式情報
  • 事業年度開始月
  • 代理人情報(代理登記の場合)

POINT:登記手続に進む前に、必要なものを準備しましょう(株式会社の場合)

  • 発起人(株主になる方)の印鑑証明書及び実印
  • 発起人の写真付身分証明書(運転免許証、パスポート等)
    • 電子定款作成用
  • 役員(取締役、監査役になる方)の印鑑証明書及び実印
    • 発起人と役員を兼ねられる方がおられる場合、印鑑証明書は2通必要となります。詳しくは、サービス内でご案内させていただきます。
  • 発起人個人の銀行口座
  • CD-RまたはUSBメモリーカード
    • 公証役場での電子定款認証手続のタイミングまでに必要となります。
  • 会社実印
    • 会社設立登記のタイミングまでに必要となります。サービス内にて限定価格で購入できる印鑑セットのご案内もさせていただきます

②登記手続

電子定款の依頼や出資金の払込、設立登記申請を行います。

定款の作成
入力いただいた内容から、PDFにて定款を自動で生成します。
電子定款の依頼※1
電子定款の受取先となる公証役場をお選びいただき、発起人の印鑑証明書や身分証明書をアップロードください
  • ※1
    電子定款依頼料は無料です。士業の方が発起人の代理設立でご利用される場合、電子定款作成/電子署名費用は5,000円(税抜)/件となります。
公証役場で定款の受け取り※2
お選びいただいた公証役場で認証済の定款を受け取ります。
サービス内から必要な持ち物を確認することができます。
  • ※2
    合同会社を設立される方は公証役場での定款認証は不要です。
出資金の払込
発起人の方の銀行口座へ、設立時に出資する資本金を入金します。
登記申請書類に添付する通帳コピーを作成します。
法務局で登記申請
登記申請に必要な書類が自動生成されます。印刷した書類に押印後ホチキス止めして、法務局に提出します。
登記後の手続に必要な書類準備
登記後の各役所への届出や、法人口座の開設等に必要な登記事項証明書などを準備します。

③登記後の手続

税務署や年金事務所などに提出する書類を作成します。
提出期限の決まっている書類が多いため、登記後は早めに手続されることをおすすめします。

税金に関する書類の作成
税務署や市町村役場に届け出る所定の書類を作成し提出します。
社会保険に関する書類の作成
年金事務所に届け出る所定の書類を作成し提出します。
労働保険に関する書類の作成
労働基準監督署・公共職業安定所に届け出る所定の書類を作成し提出します。
  • 許認可や届出が必要な業種の場合は、専門家等のアドバイスを受け必ず申請手続きを行ってください。

④営業開始準備

法人口座や会計ソフトなど、事業に必要なサービスの導入を検討します。

起業・開業応援パック