中小企業・個人事業主の方対象
新型コロナウイルスに伴う支援情報

テレワークの導入

新型コロナウイルス感染症対策に伴いテレワークを導入する際、利用できる行政等の支援と、弥生製品情報、導入準備や企業事例をご案内します。

テレワークに利用できる行政等の支援

補助金・助成金による支援

地方自治体による補助金・助成金

テレワーク関係の補助金・助成金は、地方自治体に多くあります。J-Net21(独立行政法人 中小企業基盤整備機構)では都道府県別に検索できます。

J-Net21:新型コロナウィルス関連(都道府県別) 新しいウィンドウで開く

IT導入補助金〈低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)〉

テレワークの導入や業務改善の費用に対する補助金です。低感染リスク型ビジネス枠(特別枠:C・D類型)は非対面化ツールの導入が必須となります。また、D類型に関してはクラウド対応されていることも条件となります。

サービスデザイン推進協議会:IT導入補助金2021 新しいウィンドウで開く

弥生製品でのテレワーク

弥生製品は、クラウドアプリ、デスクトップアプリそれぞれでテレワークで利用することが出来ます。

クラウドアプリによるテレワーク

弥生のクラウドアプリは特別な準備をせずにすぐにテレワークを始めることが出来ます。ご自宅のパソコンのブラウザから、マイポータル(Web) 新しいウィンドウで開くにアクセスしてください。

デスクトップアプリによるテレワーク

デスクトップアプリの運用方法

【新型コロナウイルス対策】在宅勤務を実施する際の弥生製品の運用に関するご案内 新しいウィンドウで開く

弥生製品のライセンス

弥生ドライブ

事業所データをクラウドストレージ「弥生ドライブ」に保存すれば、自宅や外出先から事業所データにアクセスできます。しかもセキュリティ万全なので万が一の時でもあんしんです。
「弥生会計 プロフェッショナル2ユーザー」「弥生会計 ネットワーク」「弥生販売」のデータは、直接起動・編集はできませんが、バックアップファイルなどをアップロード・ダウンロードしての共有は可能です。

弥生ドライブの使い方 新しいウィンドウで開く

  • ご利用には、あんしん保守サポートへの加入が必要です。

テレワークの導入準備

テレワークを導入するには、機器やソフト、ガイドラインなどの準備が必要になります。

テレワークに必要な機器・ソフトなどを具体的に紹介します。

小さな会社がテレワークを導入する方法【必要な機器やソフト、業務の進め方は?】 新しいウィンドウで開く

日本テレワーク協会ではテレワークのガイドライン、相談やセミナー情報などを確認できます。

一般社団法人 日本テレワーク協会 新しいウィンドウで開く

テレワーク導入企業事例

実際にテレワークを導入している企業は、どのように導入を進め、社員間でコミュニケーションを取っているのでしょうか、企業事例でご紹介いたします。

全社的にテレワークを推進している株式会社ダンクソフト様の事例をご紹介いたします。

中小企業でもテレワーク、長期育休、副業解禁はできる?働き方改革を実現した企業の取り組みとは 新しいウィンドウで開く

クラウド見積・納品・請求書サービス「Misoca」を開発するチームでは、全社員がリモートで働くことができるよう環境を整えています。

Misocaでのリモートワークの取り組み 新しいウィンドウで開く

弥生株式会社
カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

間違い電話が増えております!以下の点にご注意ください

  • IP電話局番「050」の押し忘れ
  • 外線「0」発信は「0」の押し忘れ

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ご回答は翌営業日中に
    メールまたはお電話でお答えいたします。