インフォメーション

2015年09月14日

弥生の給与製品が「マイナンバー対応ソフトウェア認証」を取得しました

マイナンバー制度に対応予定の「弥生給与 16(仮)」「やよいの給与計算 16(仮)」が、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(CSAJ)が認定する、マイナンバー対応機能の評価・認証を行う「マイナンバー対応ソフトウェア認証制度」を取得しました。ソフトウェア業界が推奨するマイナンバー対応機能を搭載する弥生給与製品を使用することで、安心してマイナンバー業務を行うことができます。
 

PSQロゴ 【マイナンバー対応ソフトウェア認証制度とは】
マイナンバー対応ソフトウェア認証制度は、CSAJ政策委員会/マイナンバーワーキンググループが定めた「マイナンバー評価シート」を基に、個人番号を直接扱う業務ソフトウェアが実装すべき機能、および、個人番号を直接扱わない支援ソフトウェアが実装している機能について、第三者が実装確認・認証する制度です。

 

カタログ(予定)などの説明が製品機能(予定)と一致していること、その機能を搭載するための設計書が適正にドキュメント化され、かつ実施されている(予定)ことなどが評価の基準となります。

弥生は、今後もお客さまが安心して業務を行える環境づくりに努めていきます。
 

マイナンバー対応ソフトウェア認証制度ホームページ(CSAJ)

 

お問い合わせ

弥生が提供する製品、各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら