インフォメーション

2019年03月14日 icon_update

SQL Server 2008/2008 R2サポート終了に伴う弥生製品の対応について

2019/03/14 更新 製品ごとの「SQL Server バージョンアップ方法」を追記

過去の更新履歴
平素は弥生製品をご利用いただき、誠にありがとうございます。
2019年7月9日に、日本マイクロソフト株式会社によるSQL Server 2008/2008 R2のサポート終了が予定されています。サポート終了に伴う弥生製品の対応方針と、最新のSQL Serverに変更する方法についてお知らせいたします。
 
 

サポート終了に伴う弥生製品の対応方針

弊社サポート・サービスの方針として、日本マイクロソフト株式会社のサポートが終了すると同時に、当該SQL Serverでの運用に関する弥生製品の技術的なサポート対応を終了します。
サポート終了以降も、SQL Server 2008/2008 R2環境で利用する弥生製品について、インストールや各種操作に関するサポートは可能ですが、ご利用中に問題が発生した場合のカスタマーセンターでの技術的なサポート対応はできません。
 
 
対象製品
● 弥生会計 ネットワーク
● 弥生会計 プロフェッショナル 2ユーザー
● 弥生会計 AE(会計事務所専用)
● 弥生販売 ネットワーク
● 弥生販売 プロフェッショナル 5 ユーザー 
● 弥生販売 プロフェッショナル 2 ユーザー 
● 弥生販売 プロフェッショナル
● 弥生販売 スタンダード
 
※ 弥生会計 AEは「弥生PAP」に入会している会計事務所専用の製品です。詳しくはこちらでご確認ください。
※ 弥生ネットワーク製品のうちfor SQLの製品には、SQL Serverは同梱されておりません。
※ 弥生製品に同梱のSQL Server以外をご利用のお客さまは、SQL Serverをご購入および導入設定いただいた販売店さまへご相談ください。
 
 

SQL Server 2008/2008 R2をご利用のお客さまへ

SQL Server 2008/2008 R2をご利用の場合、『弥生 19 シリーズ』で製品起動やデータを開くときに、警告メッセージを表示いたします。
 

20180727-1.png

 
SQL Server 2008/2008 R2をご利用のお客さまは、是非お早めに最新製品に同梱されているSQL Server(弥生 19シリーズではSQL Server 2014を同梱)へ変更いただくようお願いいたします。
変更作業は、お客さまのコンピューターの環境によりますが2時間から3時間程度です。
サポートの終了時期が近づくと、弊社カスタマーセンターはSQL Serverの変更に関するお問い合わせで混雑し、対応にお時間をいただく可能性もございます。
※2018年10月末現在で、半数以上のお客さまがSQL Server 2012以上をご利用されていることを確認しております
 
 

最新のSQL Serverに変更する方法

弥生 15シリーズ以前をご利用のお客さまへ
弥生製品にSQL Server 2012以降は同梱されておりません。最新の弥生製品の購入をご検討ください。
最新のSQL Serverへの変更は、次のFAQをご確認ください。
 
弥生ネットワーク製品をご利用中のお客さまは、製品同梱のデータベースインストールマニュアルをご覧いただくか、導入設定いただいた販売店さまもしくはネットワーク管理者へご確認ください。
 
注意
会計事務所や自宅と職場などでバックアップデータのやり取りをしている場合、SQL Serverのバージョンが異なるとデータを開くことができなくなります。
会計事務所や自宅と職場などで同一のデータを開く場合は、利用するSQL Serverのバージョンを統一していただくようお願いします。
 

 

■ 過去の更新履歴

2018/11/20 更新 「SQL Server 2008/2008 R2をご利用のお客さまへ」を追記
2018/07/27 公開

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください。
IP電話局番 050 をお忘れなく!!

電話番号:050-3388-1001(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。