インフォメーション

2020年09月18日 icon_update

『やよいの見積・納品・請求書 21』のコンバートでエラーが発生する場合がある

2020年9月18日 更新 発生条件を追加し、対処方法を修正しました

 

過去の更新履歴
このたび、弊社では『やよいの見積・納品・請求書 21』において、以下の不具合を確認いたしました。
ご利用のお客さまにはここに謹んでお詫び申し上げます。
 
『やよいの見積・納品・請求書 21』へのデータコンバート(変換)でエラーが発生するお客さまは、以下をご確認ください。
 
 

不具合が発生する条件

以下の条件を2点とも満たす事業所データを使用している場合は、コンバートでエラーが発生します。

  • 『やよいの見積・納品・請求書 13』以前で作成した事業所データを使用している
  • 帳票履歴(※)がある帳票を削除している
    ※帳票履歴:作成した帳票を変更して保存した履歴のこと。[帳票一覧]から履歴を確認できます。
 
 

不具合の内容

「不具合が発生する条件」に合致する事業所データを『やよいの見積・納品・請求書 21』でコンバートを行うと、以下のいずれかのエラーメッセージが表示されコンバートを完了できません。
 
  • 「データの初期化処理に失敗しました。事業所データの「データの選択」から適切なデータを選択するか、「新規作成」から新たにデータを作成してください。」
  • 「作業フォルダーの読み込みができませんでした。」
  • 「データの復元ができませんでした。シーケンスに、一致する要素は含まれてません。」
 
 
 

対処方法

本不具合を修正したプログラム『やよいの見積・納品・請求書 21 Ver.21.0.2』をオンラインアップデートにて提供予定です。
修正プログラムの提供までは、『やよいの見積・納品・請求書 20』以前を引き続きご利用ください。

修正プログラムの提供を開始しましたら、こちらのページを更新してお知らせいたします。
ご利用のお客さまにはご迷惑をお掛けしておりますことを、重ねてお詫び申し上げます。
 
■ 過去の更新履歴

2020年9月11日 公開

お問い合わせ

弥生が提供する製品、各種サービスに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら