法令改正情報

源泉所得税と復興特別所得税の端数処理

源泉所得税と復興特別所得税を計算する際、その端数計算はどのようにするのでしょうか

次の計算式のとおりまとめて計算し、端数を切り捨てて計算します。そして、国に納付する際、これらの合計額を1枚の所得税徴収高計算書(納付書)に記載します。

(算式)
対象となる支払金額 × 復興特別所得税を含む合計の税率(合計税率)(1円未満の端数切り捨て)

具体的な源泉所得税と復興特別所得税の額の計算方法は、次の(表3)のとおりです。

(表3)

例示 源泉所得税と復興特別所得税の算出方法
1 税理士報酬
100,000円
(税引き後)を
支払った。
・支払総額
 100,000円÷(100-10.21)%=111,370.976…→111,370円(1円未満切り捨て)
・源泉所得税と復興特別所得税
 111,370円×10.21%=11,370.877…→11,370円(1円未満切り捨て)

※ 所得税と復興特別所得税の合計税率
2 弁護士報酬
1,333,333円
(税引き前)を
支払った。
・源泉所得税と復興特別所得税
 (1,000,000円×10.21% ※①)+(333,333円×20.42% ※②
  =170,166.598…→170,166円(1円未満切り捨て)

※ ①100万円以下の所得税と復興特別所得税の合計税率
※ ②100万円超の所得税と復興特別所得税の合計税率