1. 弥生株式会社
  2. 確定申告ソフト
  3. 確定申告お役立ち情報
  4. 経費・控除
  5. 医療費控除が使える医薬品とは

医療費控除が使える医薬品とは

2021/03/31更新

確定申告をする際には、住宅ローン控除や保険料控除などさまざまな控除制度があり、これらを申請することで所得税の軽減や、サラリーマンの方であれば税金が還付される場合もあります。そんな控除制度の一つとして「医療費控除」というものがあります。
そこで今回は、医療費控除の概要と控除対象となる医薬品について解説したいと思います。

POINT

  • 「医療費控除」の仕組みを知ることが大切
  • 医療費控除対象の医薬品とは「治療又は療養に必要な医薬品」
  • 新設の「スイッチOTC薬の所得控除」は、医療費が10万円超えなくても使える!

医療費控除を分かりやすく

医療費控除とは、自分や一緒に住んでいる家族などのために支払った1年間分の「医療費」に対して、一定金額の所得控除が受けられるというものです。
所得から控除される金額は、200万円を限度として、次の計算式によって算出します。

医療費控除対象金額(※)=(実際に支払った医療費の合計額)−(保険金などで補填される金額)−10万円

この計算式からもわかるとおり、実際に支払った医療費が多ければ多いほど、多くの所得を引き下げることができるのです。
ただし、ここで問題となるのがどこまでが「医療費」なのかという判断基準です。
例えば、風邪をひいて病院で診察を受ければ、それは間違いなく「医療費」でしょう。では、ドラッグストアで風邪薬を買った場合や、疲労回復のために栄養ドリンクや健康食品を買った場合はどうでしょうか。
医療費控除を受ける場合は、ここの線引きを事前によく理解しておかなければなりません。
(編集部注 ※所得金額が200万円未満の場合は「所得金額×5%」)

無料で【確定申告の流れがわかる手順と確定申告ソフトの活用方法】をダウンロードする

医療費控除の対象となる医薬品ってどんなもの?

医薬品にはさまざまなものがありますが、一体どこまでが医療費控除の対象となる「医療費」という認識なのでしょうか。国税庁のホームページによれば、医療費控除の対象となる医薬品とは「治療又は療養に必要な医薬品」との記載があり、具体例として、「風邪を引いた場合の風邪薬」は医療費と認めるが、「ビタミン剤などの病気の予防や健康促進のために用いられる医薬品」については、医療費控除の対象外としています。

医療費控除の対象となる医薬品

医師の処方箋により購入した医薬品

病院で診察して、医師から処方箋をもらって薬局で購入した医薬品については基本的に医療費控除の対象となります。

市販されている医薬品

風邪を引いた際に服用する風邪薬や頭痛薬、胃腸薬、花粉症などのアレルギー症状に対して使用する目薬や点鼻薬その他アレルギー症状を抑える薬などの医薬品については、ドラッグストアで市販されているものでも医療費として認められます。ただし、不自然に大量購入をしている場合や、一般的ではない高額な薬については認められない可能性があります。また、葛根湯など一部の漢方薬も認められます。

医療費控除の対象とならない医薬品

ビタミン剤や栄養剤

市販のビタミン剤やいわゆる栄養ドリンク的なものについては、医療費控除の対象となりません。

予防的要素の強いもの

例えばサプリメントなどは、それを服用することによって風邪に強い体質を作るなどの目的があったとしても、医療費としては認められません。他にも車酔いしやすい人が飲む酔い止め、風邪や花粉症対策としてのマスクの購入なども対象外です。

新たに創設されたスイッチOTC薬の所得控除とは

実は医療費控除は、平成28年度の税制改正で一部改正され、平成29年から5年間「スイッチOTC薬の所得控除」という特例が創設されました。

通常の医療費控除は計算式を見てもわかるとおり、10万円以上医療費を支出しない限りは縁のない制度です。
ただ年間に医療費として10万円以上使うという世帯はそう多くはありません。特に、あまり病院に行かずに市販の薬で済ませてしまう人は特にその傾向があります。
そこでこの特例では、「健康の保持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行っている個人」を対象に「スイッチOTC薬」を購入した代金が12,000円を超えた場合、所得から控除されます。
要するに従来ある医療費控除のハードルを一部引き下げたのです。
ちなみに、スイッチOTC薬とは、もともと医療用で使われていた効き目の強い薬が、安全性などの確認がされたことにより、処方箋がなくてもドラッグストアで購入できるようになった医薬品のことをいいます。
具体的には、ロキソニンS、エスタック鼻炎24、イノセアバランスなどがあります。

「医療費控除」を受けるには、「スイッチOTC薬の所得控除」の場合ももちろん、領収書を保存しておく必要があります。どのタイミングで多額の医療費を支払うかわかりませんので、ぜひ1年分の領収書は保管しておきましょう。

photo:Thinkstock / Getty Images

無料で【確定申告の流れがわかる手順と確定申告ソフトの活用方法】をダウンロードする

確定申告ソフトなら、簿記や会計の知識がなくても確定申告が可能

確定申告ソフトを使うことで、簿記や会計の知識がなくても確定申告ができます。

今すぐに始められて、初心者でも簡単に使えるクラウド確定申告ソフト「やよいの白色申告 オンライン」とクラウド青色申告ソフト「やよいの青色申告 オンライン」から主な機能をご紹介します。

やよいの白色申告 オンライン」はずっと無料ですべての機能が使用でき、「やよいの青色申告 オンライン」は初年度無料、かつ無料期間中でもすべての機能が使用できますので、どちらも気軽にお試しいただけます。

初心者にもわかりやすいシンプルなデザイン

初心者にもわかりやすいシンプルなデザインで、迷うことなく操作できます。日付や金額などを入力するだけで、確定申告に必要な書類が作成可能です。

取引データの自動取込・自動仕訳で入力の手間を大幅に削減

銀行明細やクレジットカードなどの取引データ、レシートや領収書のスキャンデータやスマホで撮影したデータを取り込めば、AIが自動で仕訳を行います。入力の手間と時間が大幅に削減できます。

確定申告書類を自動作成。e-Tax対応で最大65万円の青色申告特別控除もスムースに

画面の案内に沿って入力していくだけで、確定申告書等の提出用書類が自動作成されます。青色申告特別控除の最高65万円/55万円の要件を満たした資料の用意も簡単です。インターネットを使って直接申告するe-Tax(電子申告)にも対応し、最大65万円の青色申告特別控除もスムースに受けられます。

自動集計されるレポートで経営状態がリアルタイムに把握できる

日々の取引データを入力しておくだけで、レポートが自動で集計されます。確定申告の時期にならなくても、事業に利益が出ているのかリアルタイムで確認できますので、経営状況を把握して早めの判断を下すことができるようになります。

カテゴリ一覧

    人気ランキング

      初心者事業のお悩み解決

      日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

      • お役立ち情報

        正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

      • 無料のお役立ちツール

        会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

      • 虎の巻

        個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

      事業のお悩み解決はこちら