会社概要 プレスリリース

2014年12月22日

「やよいの青色申告 オンライン」、「やよいの白色申告 オンライン」がPSQ認証制度クラウドアプリケーションの品質認証第一号を取得

クラウド会計ソフトで初の取得

業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、クラウド会計ソフト「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」が、一般社団法人コンピュータソフトウェア協会(略称「CSAJ」、東京都港区赤坂)が認定する、「パッケージソフトウェア品質認証制度(PSQ認証制度 以下 PSQ認証制度)」のクラウドアプリケーションの品質認証第一号を取得したことを発表します。
 

PSQ認証制度の新評価基準

PSQ認定制度PSQ認証制度は、日本のパッケージソフトウェアの品質の高さを証明する為に、CSAJによって2013年6月に運用が開始されました。
カタログやWebページなどの製品説明や、利用者が使うマニュアルなどの文書の内容が製品機能と一致していること、その機能を搭載するためのテストプロセスが、適正にドキュメント化され、且つ実施されていることが評価の基準となります。
国際規格であるISO / IEC 25051:2006(JIS X 25051:2011)に準拠しており、公正性を確保するため、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)の「ソフトウェア品質説明のための制度ガイドライン」に沿って制度設計を行っています。CSAJは、今年2月にISO/IEC 25051が改正され、対象範囲がクラウドを通じて提供されるソフトウェア製品やフリーソフト、スマートフォン向けソフトウェアまで拡大されたことから、クラウドアプリケーションもPSQ認証制度の対象とすることを決定し、新評価基準(β版)によるトライアル評価を今年の10月より開始しました。
今回、PSQ認証制度(新評価基準)において、弥生製品(2プロダクト)のほか、2社2プロダクトが品質認証を取得しました。

 

業務クラウドアプリケーションの品質評価

昨今業務系クラウドサービスが台頭し、多くのユーザーに利用されていますが、品質を確認できる第三者評価基準はありませんでした。この度、「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの白色申告 オンライン」がPSQ認証を取得したことで、お客様は、クラウド会計ソフトにおいて、第三者評価による、品質評価のもと、安心してクラウド上で日々のお金の管理や確定申告業務を行うことができます。

弥生は、今後も業務ソフトの品質向上に努め、個人事業主の皆様が安心して確定申告業務や会計・経理業務を行える環境づくりに努めていきます。

 

「やよいの青色申告 オンライン」について

「やよいの青色申告 オンライン」は、2014年10月にサービスを開始したクラウドウドアプリケーションです。外部サービスとの連携によって、銀行明細やクレジットカード、電子マネー等の取引データを自動で取り込み、自動で仕訳を作成します。簿記や会計に関する専門的な知識を必要とせず、面倒な所得控除の計算も入力したデータから自動計算を行い、かんたんに帳簿と確定申告書を作成できます。

 

「やよいの白色申告 オンライン」について

「やよいの白色申告 オンライン」は、2014年1月にサービスを開始したクラウドウドアプリケーションです。日常の取引を家計簿感覚で簡単に入力することができます。また外部サービスとの連携によって、銀行明細やクレジットカード、電子マネー等の取引データを自動で取り込み、自動で会計データを作成するので、白色申告事業者の記帳義務化にも安心して対応できます。確定申告書の作成にあたっては、必要な手順が一目でわかるようになっており、迷わずに作業を進めることができます。


 

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。