2020年分以降も青色申告特別控除65万円を受けるには?

2020年分確定申告以降、
個人所得税の控除額が変更になります

2020年分(2021年3月申告期限)確定申告から、65万円の青色申告特別控除額と給与所得控除額が10万円減少し、
一部の例外を除き、基礎控除額38万円が10万円増加します(※)。
また、e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存(仕訳帳・総勘定元帳)を 行うと、55万円の青色申告特別控除額が65万円になります。

「事業所得や不動産所得を有する青色申告者(※)(65万円控除)の場合」

現行(2019年分) 合計103万円 青色申告特別控除 65万円 基礎控除 38万円 電子申告および電子帳簿保存(仕訳帳・総勘定元帳)を行わなかった 青色申告特別控除 55万円 基礎控除 48万円 電子申告または電子帳簿保存(仕訳帳・総勘定元帳)を行った 合計 113万円 青色申告特別控除 65万円 基礎控除 48万円
  • (※)
    合計所得金額が2,400万円以下の者に限られます。

弥生製品はe-Tax・電子帳簿保存に対応しています

e-Tax* 電子帳簿保存
(仕訳帳・総勘定元帳)
弥生会計 20/
やよいの青色申告 20
対象内 対象内
やよいの青色申告 オンライン/
やよいの白色申告 オンライン
対象内 対象外
参考URL

e-Taxによる申告(電子申告)

電子帳簿保存法とは

  • 弥生の「確定申告e-Taxモジュール」または国税庁の「e-Taxソフト」に対応しています。
    国税庁の「確定申告書等作成コーナー」には対応していません。

対応状況は随時更新を行います。

2020年分確定申告以降も青色申告特別控除を65万円受けるための方法は?

クラウドアプリを使っている方はこちら ・やよいの青色申告オンライン ・やよいの白色申告オンライン→使っているコンピューターのOSはWindowsである NO→ 国税庁「e-Taxソフト(WEB版)」での e-Tax送信がオススメ! ・確定申告が始まる前に、マイナンバーカードやICカードリーダーライターなどを事前に準備しておきましょう。 詳しくはこちら YES→ 弥生の『確定申告e-Taxモジュール』での e-Tax送信がオススメ! ・弥生の確定申告ソフトをご利用の方は無料でご利用できます ・確定申告が始まる前に、マイナンバーカードやICカードリーダーライターなどを事前に準備しておきましょう。 詳しくはこちら デスクトップアプリを使っている方はこちら やよいの青色申告 20 弥生会計 20→確定申告書の提出は「なるべくかんたんに済ませたい」「税務署に行かずに自宅で済ませたい」と思う YES→ 弥生の『確定申告e-Taxモジュール』での e-Tax送信がオススメ! ・弥生の確定申告ソフトをご利用の方は無料でご利用できます ・確定申告が始まる前に、マイナンバーカードやICカードリーダーライターなどを事前に準備しておきましょう。 詳しくはこちら NO→ -Taxもしくは電子帳簿保存(国税関係帳簿の電磁的記録による保存)いずれかの方法があります 電子帳簿保存(国税関係帳簿の電磁的記録による保存)を行う場合は、2020年9月30日までに以下①~③を行う必要があります ①会計業務に関する業務手順(日程や担当者など)を明らかにした書類を作成し、遵守する ②国税関係帳簿の電磁的記録等による保存等の承認申請書を作成し、その他参考になるべき書類を準備する ③①~②を所管税務署に提出する 詳しくはこちら 2020年9月30日までに①~③を行うことができますか? NO→ 弥生の『確定申告e-Taxモジュール』での e-Tax送信がオススメ! ・弥生の確定申告ソフトをご利用の方は無料でご利用できます ・確定申告が始まる前に、マイナンバーカードやICカードリーダーライターなどを事前に準備しておきましょう。 詳しくはこちら YES→ 電子帳簿保存(国税関係帳簿の電磁的記録による保存)

関連リンク

本サイトの情報は、2018年12月1日現在の法令に基づいています。
また、本サイトは随時更新します。