明快経営

  • 「弥生 18」シリーズ対応
  • 弥生会計連動
明快経営

日本初、「社長の経営決断」応援ソフト。
問題点の抽出、解決策のリストアップ、そして改革の実施までをこの1本が実現!

社長の決断から改革実施、そして検証までを一貫して行うことのできる日本初の【社長の経営決断応援ソフト】が「明快経営」。
「明快経営」は売上高や利益といった従来の財務指標による分析に加え、顧客に対してどのように行動すべきか、組織や社員が成長・向上するためにはどのような施策が必要か、それらのためにはどのような業務プロセスが望ましいか、という4つの視点から経営を分析するBSC理論を採用。問題点を掘り下げ、解決策をリストアップし、戦略マップも自動的に作成してしまう画期的なソフトです。
中小企業の8割以上の社長が「決算書を読めない」「数字が苦手」と言われます。しかし早めの一手を打つためには、やはり数字を味方につけるのが最良の方法。数字が苦手でも、パッと見ただけで会社の「今」を掴み、次の一手がスパッと決められる「明快経営」をご活用いただき、儲かる経営戦略をスタートさせてください。

  1. 1.リアルな数値をグラフ化。会社の「今」がひと目で理解できます。
    売上高が増加傾向なのか、それとも減少傾向にあるのか。社長ならば誰でも掴んでおきたい情報ですが、売上月額を前年と比較するだけでは正確に把握することができません。明快経営は年商の推移(移動年計)をグラフ化。数字を細かく見ていかなくとも、売上の増減傾向を直感的に、そして的確に把握することができます。
    また、損益計算書は経営状態を確認する為に不可欠な書類ですが、これは会計を専門とされない方にとっては取っつきにくく読み取りづらいというのが実際のところ。明快経営では、損益計算書を数値の増減が一目でわかる棒グラフ(ウォーターフォールチャート/滝グラフ)化。売上から原価が引かれて売上総利益が残り、さらにそこから販売費及び一般管理費が引かれて営業利益が残る…といった損益の構造を直感的に読み取ることができるようになります。(キャッシュ・フロー計算書も同様です)
  2. 2.経営課題の解決策を具体的・現実的に提示します。
    明快経営は様々な課題に対する解決策を数字だけではなくQ&Aや選択方式で具体的に提示。例えば「粗利益率の低下」が課題の場合、原材料費の増加→原材料単価の上昇→原材料供給業者と発注・納期・配送・支払等の条件を協議→原価を低減→粗利益率の向上という一連のプロセスが提示されます。原価低減 協議が不成立の時には相見積もりやネット調達を検討、という代案も提示されますので、「何を行うべきか」が明確になります。
  3. 3.自動作成の戦略マップで進捗状況も一目瞭然。課題を社員と共有して行動できます。
    解決策を自動的に戦略マップ化。社長の考えがわかりやすく提示されますので、何をどうなすべきなのかを社員と共有できます。あとは実行する担当者を決めてスケジュールに沿って行動するだけ。新しい仕事を通じて人材育成も図ることができますので、社内の活性化にもつながります。

弥生製品との連動メリット

経営分析のベースとなる勘定科目名や毎月の勘定科目残高、毎月の部門損益科目残高など、さまざまな自社財務情報を弥生会計から自動取り込みできる機能を搭載。事前設定も不要なので、弥生会計をご利用のユーザー様であれば明快経営の導入と同時にすぐご利用いただくことが可能です。

製品の特長

  • パッと見ただけで理解できるので「数字」が苦手な方にこそおススメ!100冊のビジネス書を読むより簡単です。
  • PDCA(計画・実行・評価・改善)サイクルを動かすための障害を解決へ導き、経営改善活動を継続させることができます。
    • 数値偏重の計画(数値目標はあるが何を行うかが不明瞭)→具体策中心の計画へ→「何を行うべきか」が明確になる。
    • マンネリの経営戦略(問題の指摘はできるが解決策が見つからない)→戦略代替案の提示へ→「何を行うべきかを考えるための時間」を費やさなくて良くなる。
    • 予算と戦略が非連携(数字は数字、行動は行動)→BSC理論に基づいた現実的な連携へ→戦略の全体像を掴めるようになる。
    • 財務情報が届かない(届いてもバラバラでどう使えばいいか判らない)→財務状況ダッシュボードで一目瞭然に→財務説明が充実する。
    • 戦略実行管理の不徹底(計画はできても実行管理が伴わない)→BSC理論に基づいた具体的な実行管理へ→月次検討が改善の場に変わる。
  • 6つのステップで具体的な改善策を導き出せます。
    1. 1.現在の財務体質をグラフ化した診断書1枚に要約します。
    2. 2.問題を掘り下げます。もっと詳しく知るための比較検討やシミュレーションも簡単です。
    3. 3.具体的な解決策リストが提示されます。選択肢の中から最適な一手を選んでください。
    4. 4.社長の決断(最適な一手)が戦略マップとして自動的に一覧表へ落とし込まれます。
    5. 5.戦略マップを中心として「今日やるべきこと、今月やるべきこと」を各部門へ展開。社員全員で共有して実行します。
    6. 6.解決策がどのくらい進捗しているかチェックします。

「明快経営」製品一覧・価格表

製品名 価格(利用月額)
明快経営Expert(部門対応版) 32,400円(税込)※1
提供ライセンス数:5ライセンス※2
  • ※1
    保守・サポート/バージョンアップ等の付帯サービス料金を含みます。詳しくはお問い合わせください。なお、ご利用料金のお支払いは年1回、12ヶ月分の前払いとさせていただきます。途中解約される場合、お支払済みのご利用料金の払い戻しは致しかねますので予めご了承ください。
  • ※2
    ライセンス数とは明快経営に設定できるIDとパスワードの数をいいます。明快経営をダウンロードするパソコンの数に制限はありません。

動作環境

  • 対応OS
    Microsoft Windows® 10、Microsoft Windows® 8、Microsoft Windows® 7
  • CPU
    インテルServer® Pentium 4.3GHz以上
  • 対応機種
    上記日本語OSが十分に稼動するコンピュータ
  • メモリ
    サーバ、クライアントとも上記日本語OSが十分に稼動するメモリ(4GB以上推奨)
  • ディスプレイ
    上記日本語OSに対応したディスプレイ(解像度 1980×1080以上を推奨)
  • ハードディスク
    システム実行環境の必要空き容量:2GB以上
  • ブラウザ
    Microsoft Internet Explorer® 7.0以降
  • その他
    • 上記日本語OSで使用可能なマウス、日本語入力システムが必要です。
    • Microsoft Office2007® 以上が必要です。
    • インターネット回線は光回線を推奨いたします。

この製品のお問い合わせ先

MFAS(エムファス)株式会社

TEL: 0120-952-873

この製品のさらに詳しい情報を見る

弥生連動製品一覧を見る