2020年分の青色申告特別控除に備えて弥生の「確定申告e-Taxモジュール」でe-Tax!

2020年分の青色申告特別控除とは

2020年分の確定申告(2021年2月16日~3月15日に行う確定申告)から、青色申告特別控除が改正されます。
2020年分の確定申告以降、e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存(仕訳帳・総勘定元帳)を行わないと、今まで65万円だった青色申告特別控除が10万円減少し、55万円になってしまいます。

電子帳簿保存法とは

現行:基礎控除38万円、青色申告特別控除65万円 2020年分(2021年3月申告期限)以降 e-Taxによる申告(電子申告)を行わなかった:基礎控除48万円、青色申告特別控除55万円 合計103万円 e-Taxによる申告(電子申告)を行った:基礎控除48万円 青色申告特別控除65万円 合計控除額10万円UP! 合計113万円

弥生の「確定申告e-Taxモジュール」とは

「確定申告e-Taxモジュール」は、弥生製品「やよいの白色申告 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの青色申告 20」「弥生会計 20」から、かんたんにe-Taxができる機能です。

  • 確定申告e-TaxモジュールはMacには対応していないため、Mac利用の方は国税庁e-Taxソフト(WEB版)をご利用ください。詳しくはこちら。 新しいウィンドウで開く

「確定申告e-Taxモジュール」の特長

弥生製品から直接申告

弥生製品だけでe-Taxによる申告が完結。デスクトップ製品、クラウド製品どちらでもお使いいただけます。

シンプルな画面

シンプルな画面だから、操作方法を迷うことなくお使いいただけます。

かんたんな手順

ステップが多いe-Taxの手順を省略。わかりやすい、かんたんな手順で完了します。

2020年分の青色申告特別控除に備えて
「確定申告e-Taxモジュール」を使ったe-Taxを行いましょう!

「確定申告e-Taxモジュール」を使った確定申告の流れ

事前準備

e-Taxには事前にマイナンバーカードとICカードリーダーライターが必要になります。

  • ID/パスワード方式では「確定申告e-Taxモジュール」はご利用いただけません。

STEP1 弥生製品で申告データ作成

弥生製品「やよいの白色申告 オンライン」「やよいの青色申告 オンライン」「やよいの青色申告 20」「弥生会計 20」で申告データを作成してください。

STEP2 「確定申告e-Taxモジュール」を起動して送信

お使いの弥生製品から「確定申告e-Taxモジュール」を起動し、マイナンバーカードで電子署名して送信します。

STEP3 郵送

添付書類がある場合は、「確定申告e-Taxモジュール」から送付書をダウンロードし、添付書類と同封して納税地の税務署へ郵送してください。

確定申告e-Taxモジュールの起動方法

デスクトップアプリをご利用の方

確定申告e-Taxモジュールで申告データを送信する 新しいウィンドウで開く

クラウドアプリをご利用中の方

1:申告方法で電子申告を選択、2:STEP4で開始

確定申告e-Taxモジュールで申告データを送信する 新しいウィンドウで開く

  • 確定申告e-TaxモジュールはMacには対応していないため、Mac利用の方は国税庁e-Taxソフト(WEB版)をご利用ください。詳しくはこちら。 新しいウィンドウで開く

マイナンバーカードをお持ちではない方へ

マイナンバーカードの取得には概ね1か月かかります。青色申告特別控除に変更がある2020年分(2021年3月申告期限)の確定申告では、弥生の「確定申告e-Taxモジュール」を利用できるように、今からマイナンバーカードを取得しておくことをおすすめ致します。

マイナンバーカード取得方法はこちら