会社概要 プレスリリース

2015年04月16日

クラウド会計ソフトについて調査を実施

業務ソフト、申告ソフト売上No.1注1の「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、平成26年分(2015年3月16日期限)の確定申告を行う予定の個人事業主(事業所得)を対象に、クラウド会計ソフトに関する調査を行いました。2015年1月に同様の調査をしており、確定申告時期を経た今回の調査と比較することにより、クラウド会計市場の現在の状況をみることができます。

 

調査概要

  確定申告後調査 確定申告受付前調査
エリア 全国 全国
調査対象 20歳以上 男女 20歳以上 男女
対象者条件 平成26年分の事業所得の確定申告を行った個人事業者 平成26年分の事業所得の確定申告を予定している個人事業者
回収サンプル数 16,074 12,203
調査期間 2015年3月20~23日 2015年1月26~27日
調査実施期間 楽天リサーチ(株) 楽天リサーチ(株)

 

 

①確定申告に会計ソフトを利用している人は全体の3割弱。会計ソフトの利用者の9割強が「デスクトップアプリケーション」を利用し、「クラウドアプリケーション」は1割弱、前回よりも微増

前回調査同様、今回の調査でも、申告方法は「(会計ソフトを)利用していない」が7割強を占め、「(会計ソフトを)利用している」は3割弱で留まりました。会計ソフトの利用形態別調査では、「クラウドアプリケーション」を利用している比率が前回よりも微増という結果になりました。


平成26年分の確定申告方法

平成26年分の確定申告方法

 


会計ソフト(デスクトップとクラウド)の利用比率

会計ソフト(デスクトップとクラウド)の利用比率

 

 

 

②クラウド会計ソフトの認知率は、ほぼ4割。クラウド会計ソフトの認知者の半数以上が利用意向あり。認知率、利用意向どちらも前回より上

クラウド会計ソフトの認知率は「知っている」が4割近く、「知らない」が6割という結果となり、クラウド会計ソフトの認知は、前回の調査よりも上昇しています。また、クラウド会計ソフトを知っていると答えた方に、今後の利用意向を聞いてみると、「利用したい(24.2%)」と「どちらかといえば利用したい(32.4%)」を合わせた「利用意向あり」が、前回の47%を上回り、半数を超え56.6%となりました。


クラウド会計ソフトの認知

クラウド会計ソフトの認知

 

 

クラウド会計ソフトの今後の利用意向 (n=6,195)
 

クラウド会計ソフトの今後の利用意向(n=6,195)

 

 

 

③利用しているクラウド会計ソフトのメーカー別では、1位「弥生」、
2位「freee」上位2社がクラウド会計ソフト全体の半数を占める

クラウド会計ソフトの利用をメーカー別でみると「弥生(29.5%)」、「freee(20.7%)」、「マネーフォワード(9.1%)」の順となりました。前回の調査と順位の変化はないものの、今回の調査結果では、上位2社と3位以降との差に少し開きが見えてきました。


クラウド会計ソフトの利用メーカー別割合(n=319)

クラウド会計ソフトの利用メーカー別割合(n=319)

 

 

 

④デスクトップアプリケーション、クラウドアプリケーションの利用者を、業種・年代別で比較すると、業種別ではデスクトップ/クラウド利用者に大きな差はない。年代別では、クラウドアプリのほうが若い年代の利用者が多い

会計ソフト利用者の業種別利用状況は、「サービス業」が最も多く、3割前後を占め、デスクトップとクラウドでの業種の差はみられませんでした。一方、年代別利用状況では、デスクトップアプリケーション利用者は「50代(34.6%)」、「40代(32.4%)」、「60代(20.6%)」の順となり、クラウドアプリケーションでは「40代(32.9%)」、「50代(28.8%)」、「30代(23.2%)」の順となりました。クラウドアプリケーションの方が全体的に若い年代の利用者が多い結果となりました。


業種別利用状況
 

業種別利用状況

 


年代別利用状況
 

年代別利用状況

 

 

 

⑤クラウド会計ソフトの利用のきっかけは、「自社で決算・申告を行う」「業務の効率化」

クラウド会計ソフトの利用のきっかけは、「自社で決算・申告を行う(32.0%)」、「業務の効率化(29.5%)」が3割前後を占め、「帳簿の作成や印刷(18.8%)」「起業(16.3%)」、「費用の削減(14.4%)」が続いています。


クラウド会計ソフトの利用のきっかけ(n=319)
 

クラウド会計ソフトの利用のきっかけ(n=319)

 

 

 

⑥現在利用しているクラウド会計ソフト選定理由は「確定申告の作成が簡単そう」、決め手は「無料」。

現在利用しているクラウド会計ソフトの選定理由は、「確定申告の作成が簡単そう(33.9%)」、「無料(29.2%)」、「記帳から確定申告まで全部できる(29.2%)」の上位3つが3割前後を占めました。決め手は「無料(16.3%)」が最も高く、次いで「確定申告の作成が簡単そう(10.3%)」となっています。


現在利用しているクラウド会計ソフトの選定理由と決め手

現在利用しているクラウド会計ソフトの選定理由と決め手

 

 

 

注1 全国の主要家電量販売店・パソコン専門店・ネットショップ2,439店におけるソフト実売統計で、弥生は2014年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:16年連続受賞、申告ソフト部門:11年連続受賞)-株式会社BCN調べ
注2 前回調査の詳細弥生Webサイト

※③以降は今回の調査(3月)より新たに追加された項目です
※本調査では、「デスクトップアプリケーション」「クラウドアプリケーション」を「パソコン用会計・申告ソフト」「クラウド会計ソフト」とそれぞれ質問しています

 

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。