• トップ
  • 導入事例
  • 法人化をきっかけに他のクラウド会計ソフトから乗り換えました

導入事例

  • 弥生会計 オンライン

法人化をきっかけに他のクラウド会計ソフトから乗り換えました。こちらの方が入力しやすいですね。

Roots Product株式会社(東京都港区南青山)

中国で買い付けたアパレル商品を日米のAmazonで販売するのが主な業務。その他、中国→アメリカ直接販売のノウハウを教える個人向けスクールも運営する。将来的にはOEMによる独自アパレルブランドの展開を目指している。

起業からわずか8か月で法人成り

黒澤さんの前職は塾講師。ティーチングスキルを活かし、自身のノウハウを教えるスクールを開講したところ、評判に。現在は200名ほどの生徒を指導している

現在はRoots Product株式会社の取締役となっている黒澤さんだが、2015年8月までは個人事業主として活動していた。「2015年1月から個人事業主として、Amazonでアパレル商品の販売を始めました。中国の卸業者から買い付けたものを日本とアメリカのAmazonで販売するというスタイルです」。

予想を上回る順調な売上の増加により、法人化を決断し、個人事業主としての起業から8か月で会社を設立した黒澤さん。アパレル商品の販売はもちろん順調に推移していたというが、売上に最も大きく貢献したのがスクール運営だ。「私自身のノウハウを教えるスクールを開校したところ、副業ブームもあってか、たくさんの生徒さんに集まっていただきました」という。
核となる商品販売では、買い付けた商品はAmazonの倉庫に預け、発送もAmazonが行ってくれるというサービスを利用し、効率的な経営ができている。「取り扱っているのはアパレル全般です。例えば直近だとハロウィンのコスプレ衣装が人気を集めましたね。クリスマス商戦用の商品なども仕込んだところです」。

会計事務所との出会い

「これから新規の方やバージョンアップを迎えるお客さまには弥生会計 オンラインをお勧めしていきたいですね。特にMacでも使えるのはいいですよね。顧問先にもMacのところが何社かあって、皆さん会計ソフトが使えないと苦労しているので」という志磨さん

法人化を目指した黒澤さんがパートナーとして選んだのが、東京・代々木にある「志磨税務経営事務所」だ。「記帳代行だけをやっている会計事務所はこれからの時代はなかなか厳しいですよね。私の場合、記帳はお客さま自身で行う自計化をお勧めしていて、節税、経営、補助金、助成金といったトータルでサポートしていくカタチですね」と、税理士・中小企業診断士の志磨さん。

黒澤さんは「じつは個人事業主のときは、他のクラウド会計ソフトを使っていたんです。志磨先生とリアルタイムで会計情報を共有するために、弥生会計 オンラインを使うことに決めました」という。
クラウドソフトの方が使い勝手がいいという黒澤さん、「クラウドに上げていることで、万が一自分の手元のパソコンが壊れても大丈夫、という安心感がありますよね」。また、以前使っていたクラウド会計ソフトよりも、弥生会計 オンラインの方が入力面で優れていると感じるという。「最初はソフトが変わることで操作面等に不安もあったのですが、まったくの杞憂でしたね。勘定科目のちょっとした順序や、簡潔な説明等が分かりやすく、勘定科目を見つけやすいです。むしろ、これまでより円滑に入力出来るようになりました。このあたりはさすが弥生、会計ソフトのトップブランドだなと」。

一方、黒澤さんが入力した取引を確認する側の志磨さんは「オンラインの方だとお客さまが入力した最新の状態をそのままクラウド上で確認できる。業務効率は上がりますよね」という。

ソフトの使い勝手は非常に良い

多忙な日々を過ごす黒澤さんだが、会計データの入力は自分で行う方針だ。「クラウドの会計ソフトはそんなに作業負担にならないし、経営者がお金の出入りをしっかり把握してないとダメというのは志磨先生にもアドバイスされていることなので、今後も自分で取引を入力していくつもりでいます」

「導入した理由のひとつに、初年度無料になるというのもあったんです。実際にどんなソフトなのか、まずは試してみたかったというのもありますし」という黒澤さん。 弥生会計 オンラインは、初年度0円になる弥生PAPからの弥生製品紹介制度で導入した。「実際に試用してみると、使い勝手が非常に良いことが分かりました。直感的な操作なので、これまで迷ったところはないですね」という。

同時に会計事務所と連携することのメリットも感じているようだ。「個人事業主のときは1人で入力していたので、勘定科目を間違えているんじゃないかなど、常にどこかで不安や疑問を感じながらの作業だったんです。志磨先生に確認してもらえることで、そういった不安が払拭されました」。

取引が発生したら、必ずその日のうちに入力する黒澤さん、使いやすいようにカスタマイズも施しているとのこと。「弥生会計 オンラインにログインしたときに簡単取引入力の画面がトップに出る設定にしています。外出先でもすぐに作業できますから」。また機能面でもいろいろ調べており、これからもっと活用していく予定だ。「スマート取引取込は今後使ってみたいと思っている機能です。自動取込なら数字の入力ミスがなくなるでしょうし、経費の打ち込みがとても楽になりそうですよね」。

  • 事業所名
    Roots Product株式会社
  • 所在地
    東京都港区南青山2-2-15
    Win Aoyamaビル UCF 917
  • 設立年月日
    2015年8月25日
  • 製品導入時期
    2015年9月
  • 従業員数
    2名
  • 事業内容
    貿易物販、インターネット販売、物販スクール指導

今回ご紹介した製品

お気軽にお問い合わせください

弥生株式会社
カスタマーセンター

受付時間
9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)

電話で問い合わせる

050-3388-1000(IP電話)

  • 間違い電話が増えております!番号をよくお確かめのうえおかけください
    IP電話局番 050 をお忘れなく!!

メールで問い合わせる

問い合わせフォームへ

  • ご回答は翌営業日中に
    メールまたはお電話でお答えいたします。