会社概要 プレスリリース

2013年05月29日

業務ソフトの弥生、「ドリームゲート」との共同運営サイト「開業計画NAVI」をリニューアル

創業経営者1,501名へのアンケートをまとめた「開業リポート2013年改訂版」も発表
〜回答者の55.8%は「起業1年目の売上が計画の半分以下」と計画と現実の違いが明らかに〜

業務ソフト「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)と、日本最大の起業支援プラットフォーム「ドリームゲート」を運営する株式会社プロジェクトニッポン(本社:東京都新宿区、代表者:松谷 卓也、以下プロジェクトニッポン)は、昨年2012年5月29日に公開した、起業家の開業を支援するウェブサイト「開業計画NAVI」をリニューアルしました。今回のリニューアルでは、事業計画作成サポートツールへの新機能や新コンテンツ「社長1年生の軌跡から計画と現実」を追加しました。また、新たに起業家や個人事業主1,501名のアンケート調査をまとめた「開業リポート2013年改訂版」を掲載しました。

■開業リポート2013年改訂版
1,501名の創業経営者や個人事業者にアンケートを実施し、開業前の計画値と開業後1年目の売上実績値や会計頻度、単月黒字化した時期などを調査し、その結果をリポートにまとめました。今回の調査では特に計画と現実の違いについて分析しています。

■黒字化企業の55.8%が、開業1年目の売上実績値が計画値を下回る
現在黒字化し順調な経営をしている企業を対象に、開業1年目の売上実績値と開業前の計画値を調べたところ、過半数を超える55.8%が計画値を下回っていました。また、開業前に想定していた計画値と実際の1年目の売上とを比較し、"ギャップ率"という指標で算出しました。このギャップ率が高くなる程、計画値と実績値が乖離し、経営が厳しい状態であることを示します。今回のアンケート調査の結果、前述の55.8%の企業 (黒字化企業で1年目売上実績が計画値を下回った企業)のギャップ率は全業種平均で「45.8」 となりました。これは計画に対して、半分強の売上しか挙げられていないことを示します。現在黒字化し経営が順調な企業においても過半数が当初計画の売上を下回り、そのギャップは半分程度であったという厳しい現実がわかりました。

■経営管理をコンスタントに行っている企業ほど"ギャップ率"は低い
ギャップ率と会計頻度の分析・比較をすると、ギャップ率が低くなるほど、会計頻度は高くなるという傾向になりました。ギャップ率の低い0〜25ポイントの企業では、会計頻度が1カ月に1度、と答えた企業が60%なのに対して、ギャップ率の高い75〜100ポイントの企業では36%まで低下していました。この事から、こまめに経営管理を行っている企業ほど計画に沿った経営ができていることがわかります。

グラフ 1
起業・開業前の売上計画値、開業1年目の売上実績を比較

20130529_2_01.jpg
グラフ 2
開業時の会計頻度を問うアンケート設問の結果を、ギャップ率別に集計

20130529_2_02.jpg

 

 

起業継続支援サイト「開業計画NAVI」リニューアル概要

【名称】
開業計画NAVI
【リニューアル公開日】
2013年5月29日(水)

「開業計画NAVI」は2012年5月29日に公開し、事業計画書作成から会計・税務の専門家への無料相談まで幅広いコンテンツを提供しています。事業継続のために必要な知識やポイントなどもわかりやすくまとめています。

■コンテンツ概要
1,501名の創業経営者や個人事業者にアンケートを実施し、開業前の計画値と開業後1年目の売上実績値や会計頻度、単月黒字化した時期などを調査し、その結果をリポートにまとめました。今回の調査では特に計画と現実の違いについて分析しています。

1.開業リポート2013年改訂版
今回は新たに1,501名の創業経営者や個人事業者にアンケートを実施し、開業前の計画値と開業後1年目の売上実績値や会計頻度、単月黒字化した時期などを調査し、その結果をリポートにまとめました。今回の調査では特に開業前の計画と現実の違いを分析し"ギャップ率"という指標にしました。

2.開始1年で1万人以上が利用した人気ツール「事業計画作成サポートツール」に3業種を追加
ブラウザ上での簡単な操作だけで事業計画書が作成できるWebサービス「事業計画作成サポートツール(以下サポートツール)」に、今回新たに"フリーランス・ライター業"、"デザイナー業"、"不動産業"の3つの業種を追加しました。サービス開始から1年以内で利用者が10,505名(4月30日時点)と、「開業計画NAVI」で最も人気のサービスとなっております。
・作成した計画書のデータ出力が可能
サポートツールで作成した事業計画書は、より詳細な月次の「現金収支計画書」に変換したExcel形式、日本政策金融公庫の創業融資申込書に準拠したPDF形式、作成したデータをそのまま取得できるCSV形式の3つの形式で出力・ダウンロードできるようになりました。
利用者のニーズにあわせ、詳細で緻密な事業計画書や創業融資の申込書・資料としても利用することができ、実用性が高くなりました。

3.新コンテンツ「社長1年生の軌跡から計画と現実」を追加
このコンテンツでは、「計画と現実の違い」をテーマに、事業が順調な起業家や経営者に対して「開業後に開業前の計画と実際の売上げとを比較し、どの程度のギャップがあったのか、そしてそれをどのように克服したのか」といった取材を実施しています。起業したばかりの経営者が1年目にすべきことを、先輩経営者の事例から学ぶことができます。

 

本件に関するお問合せ

株式会社プロジェクトニッポン

Tel: 03-3356-9121
E-mail : shishido@dreamgate.gr.jp

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号 [東京] 03-5207-8841 [大阪] 06-6613-7100
受付時間:9:30〜12:00、13:00〜17:30
(土曜・日曜・祝日および、弊社休業日を除きます)
※ ご登録頂いている電話番号から発信者番号通知の状態でおかけいただくと、お客様情報を自動で確認できる為、よりスムーズな対応が可能となります。
また、「音声ガイド」に従って操作をしてください。
※ IP電話をご利用の場合、ご入力内容が確認できない場合がございます。