会社概要 プレスリリース

2016年06月08日

会計事務所向けパートナープログラム「弥生PAP」の会員数が7,000事務所を突破

2000年の設立以降16年にわたり会計事務所とのパートナーシップを築く

業務ソフトウェア「弥生シリーズ」を提供する弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表者:岡本 浩一郎、以下 弥生)は、会計事務所向けパートナープログラム「弥生PAP(Professional Advisor Program)」(以下 弥生PAP)の会員数が7,000事務所を突破しました。
 

グラフ 7,000事務所突破弥生と弥生PAP会員は、2000年の設立※1以降16年にわたり、共通の顧客である中小企業の経営を共に支援するパートナーとして活動してきました。会員数は、昨年4月に6,000会員に達した後、本年5月半ばに7,000会員に拡大しており、これまで以上に加入するペースが速くなっています。
弥生は、弥生PAP会員に、会計事務所専用製品「弥生会計 AE」や、顧問先とのデータ共有に最適なクラウドストレージなどのサービス提供を通じて、会計事務所と顧問先の業務効率化を促進し、双方の円滑なコミュニケーションを支援しています。

弥生は、今後も弥生PAP会員とのパートナシップをより強め、中小企業および個人事業者、起業家の支援に積極的に取り組んでいきます。
 

 

弥生へのメッセージ

7,000事務所突破にあたり、長きにわたるパートナーの会計事務所の皆さまより、弥生へのメッセージを頂戴しています。

 

税理士法人 古田土会計
代表社員 古田土 満様

税理士法人 古田土会計 代表社員 古田土 満様

中小企業が成長する原動力は商品とサービスですが、なぜ弥生さんがこんなにも伸びたのかというと、素晴らしい商品を持っているからです。いちばん汎用性が高いので、我々は弥生会計を利用しています。弥生PAP会員になってから15年以上になりますが、お客さまの約8割が弥生会計を利用しています。我々は弥生会計のデータを使った「古田土式月次決算書」を持って、お客さまに対し数字の説明をさせていただいています。
※古田土は土に点
 

 

 

税理士法人 アトラス総合事務所
代表 井上 修 様

アトラス総合事務所 代表 井上 修 様

私は「大番頭」からのユーザーで、弥生PAP制度も前身の「IPAP」という名称だった頃からの会員です。我々はいま50ライセンスくらい使っていますから弥生PAP会員になることでライセンス料が大幅に安くなるのは大きいですね。当時から他の会計ソフトはありましたが、コストパフォーマンスと使いやすさでクライアントにおすすめしやすいのは「弥生会計」です。いまでも約1,000社のクライアントのうち、8割は「弥生会計」をご利用いただいています。

 

 

 

 

弥生フォーラム2016を開催

弥生は、会計事務所の皆さまと、これからの会計事務所経営や、共通の顧客である中小企業の経営支援を、会計事務所と共に考える場として、「弥生フォーラム」を2016年7月に開催します。
弥生フォーラムでは、これからの会計事務所の価値を向上させる取り組みを紹介した事例や、インタビュー等を紹介します。
 

 

弥生フォーラム2016ご案内サイト

「弥生フォーラム2016」はこちら

※本フォーラムは会計事務所を参加対象としております。一般のご参加はお受けできませんのでご了承ください。

 

弥生PAP

「弥生PAP」はこちら

 

※1 2000年2月、「IPAP(Intuit Professional AdvisorProgram)」として発足、2003年より「弥生PAP」に名称変更

 

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。