会社概要 プレスリリース

2016年07月01日

弥生会計をはじめとする会計ソフトラインアップが「ScanSnap Cloud」と連携を開始

売上実績No.1※1の業務ソフト 弥生シリーズを提供する弥生株式会社(本社: 東京都千代田区、代表者: 岡本 浩一郎、以下 弥生)は、弥生会計をはじめとする会計ソフトラインアップ(クラウドアプリケーション:弥生会計 オンライン、やよいの青色申告 オンライン、やよいの白色申告 オンライン、デスクトップアプリケーション:弥生会計 16、やよいの青色申告 16、以下 弥生会計ラインアップ)と株式会社PFU(横浜本社:横浜市西区、代表取締役社長:長谷川 清、以下PFU)が提供するクラウドサービス「ScanSnap Cloud」※2との連携を、本日2016年7月1日より開始しました。

本連携により、ScanSnap iXシリーズと弥生会計ラインアップを利用しているユーザーは、パソコンやアプリを起動することなく、スキャナから直接、データ連携の受け口となる「YAYOI SMART CONNECT」にレシートや領収書などのデータを送り込むことができます。「YAYOI SMART CONNECT」は、受け取った画像データからOCR(光学文字認識)処理によって自動で取引データを生成、仕訳データに自動変換後、弥生会計ラインアップに転送します。
 

<連携概念図>

「ScanSnap Cloud」と連携を開始

例えば活用シーンとして、1日の終わりにその日使った経費のレシートを取り込んでおいて、月に1度など、時間がある時にパソコンを立ち上げ、自動変換された仕訳を確認する、といったことが可能になります。

また、「ScanSnap Cloud」と「YAYOI SMART CONNECT」は、共にe-文書法に対応しているため、一定要件を満たせば、紙の原本を破棄することも可能なうえ、連携することで証憑の整理、ファイリングから仕訳の入力までを一気通貫で自動化することができます。
今後も弥生は、スモールビジネスが本来の仕事に集中できる環境をサポートすべく、経理業務の効率化・自動化を支援していきます。

 

PFU様からのエンドースメント

株式会社PFUは、この度の「ScanSnap Cloud」と弥生会計ラインアップとの連携を心より歓迎いたします。本連携が、弊社スキャナScanSnapを利用した、スモールビジネスにおける経理業務ペーパーレス化に大きく寄与できるものと確信しています。

株式会社PFU
執行役員専務 ドキュメントイメージビジネスユニット長 宮本 研一様


ScanSnap Cloud

 

「YAYOI SMART CONNECT」 とは

銀行明細やクレジットカード、電子マネー、レシートや領収書のスキャンデータなどの取引データを、連携サービスから取り込み、仕訳データに自動で変換し、対応する弥生のソフトに転送します。
 

「YAYOI SMART CONNECT」 とは


※ 1 全国の主要家電量販店・パソコン専門店・ネットショップ2,464店におけるソフト実売統計で、弥生は2015年の年間最多販売ベンダーとして最優秀賞を獲得。(業務ソフト部門:17年連続受賞、申告ソフト部門:12年連続受賞)-株式会社BCN調べ

クラウド会計ソフトの利用状況調査(MM総研 2016年3月)より

※ 2 「ScanSnap Cloud」はScanSnap iXシリーズから無償提供されているクラウドサービスです

ScanSnapおよびScanSnap Cloudは、株式会社PFUの日本における登録商標です

本件に関するお問い合わせ

弥生株式会社 カスタマーセンター

電話番号:050-3388-1000(IP電話)
受付時間:9:30~12:00/13:00~17:30
(土・日・祝日、および弊社休業日を除きます)
※「音声ガイド」に従って操作をしてください。