会社概要 プレスリリース

2020年09月28日 icon_new

会計事務所の記帳代行業務を効率化する「記帳代行支援サービス」を開始

会計事務所の単純作業を減らし、本業への経営資源集中を実現します

 弥生株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:岡本 浩一郎)は、会計事務所の記帳代行業務を効率化することを目的として「記帳代行支援サービス」を本日開始しましたので、お知らせします。

 「記帳代行支援サービス」は、会計事務所が顧問先(事業者)の代わりに会計帳簿作成を行う業務(記帳代行業務)を支援するサービスです。利用には、弥生の会計事務所向けパートナープログラム(弥生PAP)への入会が必要となります。

 これまで、会計事務所が顧問先の会計帳簿を作成するためには、預かった紙証憑を日付や種類ごとに整理し、手動で会計ソフトへ入力する必要がありました。本サービスにより、会計事務所は紙証憑をスキャンし、アップロードをするだけで、証憑データが「弥生会計 AE※1」へ自動仕訳された状態で取り込めるようになります。さらに、「弥生会計 AE」の画面上で証憑データと自動仕訳の結果を同時に目視できるため、仕訳の確認と修正を効率的に行うことができます。

 本サービスは、領収書や預金通帳などに対応し、99.9%※2の精度でデータ化が可能です。会計帳簿作成に必要な証憑の受領から入力、確認や修正までの業務全体の効率化を実現します。

pressrelease_yayoi_202009.jpg
※画像をクリックすると拡大します
 
 本サービスの利用料は、月額基本料金1万円(10ライセンス※3を含む、税別)と、証憑データ化料金1明細あたり18円(税別)※4です。2020年10月1日(木)から2021年9月30日(木)までの期間は、「記帳代行効率化キャンペーン」を実施し、証憑データ化料金から1顧問先あたり最大で1000円を値引きします。
 
 労働人口減少による人手不足は、税理士資格取得者の減少※5と重なり、特に会計事務所業界において深刻化しています。一方で、会計事務所に求められる役割は、会計や税務にとどまらず、顧問先に寄り添った経営支援の重要性が増しています。会計事務所は、「記帳代行支援サービス」を利用することで、会計事務所の作業負担を減らし、顧問先への付加価値の提供や、新規顧問先開拓などに注力することができます。
 
 弥生は「スモールビジネスの事業を支える社会的基盤(インフラ)として、日本の発展に能動的に貢献する」をミッションとして掲げています。これまでも事業者の記帳業務の効率化を目指し、業務プロセス全体をテクノロジーの力で自動化する「業務3.0」※6を提唱、推進してきました。今後も弥生は、弥生PAP会員とのパートナーシップをより強化し、事業者の発展に寄与していきます。
 
※1 会計機能を搭載した、弥生PAP会員専用ソフトです。
※2 オペレーター2名による入力と第三者によるクロスチェックから導かれる理論値。納期は3営業日以内(受付日を除く)。
※3  1ライセンスは1顧問先になります。10ライセンスは、10件の顧問先への利用が可能です。
※4 小書き入りの領収書は25円/明細です。
※6 会計業務、商取引、人事・給与業務の業務プロセス全体をテクノロジーの力で自動化、効率化することです。
 
 

「記帳代行支援サービス」全体像

「記帳代行支援サービス」を契約することで、「証憑アップローダー」「証憑データ化サービス」「記帳代行用ツール」を使用できます。データ化された証憑を「スマート取引取込※7」から「弥生会計 AE」に直接取り込み、証憑画面の確認ができるため、効率的に仕訳の確認と修正を行うことができます。
pressrelease_yayoi_202009_2.PNG
※画像をクリックすると拡大します

証憑アップローダー

スキャンされた画像データをアップロードし、証憑データ化の依頼をするためのツールです。

証憑データ化サービス

「証憑アップローダー」から連携された証憑の画像データを取引データに変換するためのサービスです。2名のオペレーターが目視確認しながら入力。クロスチェックにより、99.9%の精度でデータ化が可能です。

記帳代行用ツール

記帳代行に必要な取引データを取得するためのツールです。顧問先の金融機関、クレジットカード、電子マネーの明細、タブレットPOSレジの売上データなどを自動取得できるようになります。弥生会計を持っていない顧問先も利用できます。

「弥生会計 AE」での確認と修正

取引データは、ブラウザーを使用せずに直接「弥生会計 AE」に取り込むことができます。「証憑データ化サービス」で作成された仕訳は「証憑ビューアー」機能を使い、別ウインドーで元証憑画像を表示することが可能です。

※7 領収書などを弥生会計などの会計製品・サービスへ自動で取り込み、仕訳するためのツールです。詳細はこちら


「記帳代行支援サービス」利用料金

 

無料体験プラン

有償プラン

契約期間

最大3カ月

1カ月(自動更新)

基本料金

0円(記帳代行ライセンス5Lを含む)

10,000円/月 (記帳代行ライセンス 10Lを含む)

追加ライセンス料金*

ライセンスの追加は不可

500~900円/追加1ライセンス

証憑データ化料金

0円(明細数の制限なし)

18円/明細(小書き入りの領収書は25円/明細)

サポート

すべて利用可

すべて利用可

決済方法

決済情報登録不要

クレジットカード/口座振替

* 本サービスをご利用いただくには1顧問先ごとに1ライセンス(L)が必要です。11顧問先以上をご利用の場合には追加ライセンスが発生します。追加ライセンス数によって、1ライセンスあたりの料金が500~900円の間で変動します。詳細は弥生PAP会員Webページ(要ログインhttps://www.yayoi-kk.co.jp/pap/member )をご覧ください。
 
 

「記帳代行効率化キャンペーン」について

期間:2020年10月1日(木)から2021年9月30日(木)まで。
特典:有償プランの方で、証憑データ化料金を1顧問先あたり最大1,000円値引きします。
 
利用料金例

顧問先数

料金計算例

通常価格

キャンペーン

値引き額

キャンペーン

適用価格

 

5件

・月額基本料金:10,000円

・証憑データ化料金:5,000円

(5顧問先×1,000円/値引き)

 

15,000円/月

 

5,000円/月

 

10,000円/月

 

証憑データ化利用料が顧問先あたり1,000円であった場合(証憑種別により、証憑データ化料金が異なりますが、40明細~55明細ご利用いただく場合を想定)。
 

弥生PAPについて

2000年2月に「IPAP(Intuit Professional Advisor Program)」として発足、2003年に「弥生PAP」に名称変更しました。2020年1月に会員数が10,000事務所※8を突破し、会計事務所向けパートナープログラムとしては最大規模になります。弥生PAPの詳細については こちら をご覧ください。
 

 

お問い合わせ

取材・プレスリリースに関するお問い合わせ窓口をご案内します。

お問い合わせはこちら