1. 弥生株式会社
  2. クラウド請求書作成ソフト
  3. 請求書作成お役立ち情報
  4. 注文書の基礎知識
  5. 注文書が複数枚になる場合はどうしたら良いですか?

注文書が複数枚になる場合はどうしたら良いですか?

2023/06/30更新

注文書が複数枚になる場合の注文書の書き方

複数枚に渡る注文書の書き方に決まりはありません。取引先が間違えないように配慮した注文書を作成しましょう。その際には、「注文書番号」「備考欄」「送付状」を活用します。

複数枚の時の注文書番号

複数枚に渡るときには、下記のように注文書番号を記載すると分かりやすいです。

合計金額が書かれている注文書の注文書番号 「(例)20150707」
2枚目の注文書番号「20150707-02」
3枚目の注文書番号「20150707-03」

備考欄の使い方

備考欄にも複数枚に渡っていることが分かるようにしましょう。

(記載例)
「注文書:1/3枚目」「注文書:2/3枚目」「注文書:3/3枚目」
「合計金額は注文書番号”20150707″に記載」

送付状の使い方

注文書が複数枚に渡る際には、送付状に「注文書が3枚に渡ります。合計金額は注文書番号「20150707」に記載しています。」と取引先の担当者に分かるように明記します。

まとめ

注文書が複数枚になる場合は、「注文書番号」「備考欄」「送付状」を活用し、丁寧で分かりやすい注文書を作成しましょう。

カテゴリ一覧

    人気ランキング

      初心者事業のお悩み解決

      日々の業務に役立つ弥生のオリジナルコンテンツや、事業を開始・継続するためのサポートツールを無料でお届けします。

      • お役立ち情報

        正しい基礎知識や法令改正の最新情報を専門家がわかりやすくご紹介します。

      • 無料のお役立ちツール

        会社設立や税理士紹介などを弥生が無料でサポートします。

      • 虎の巻

        個人事業主・法人の基本業務をまとめた、シンプルガイドです。

      事業のお悩み解決はこちら